防犯対策

訪問販売員・セールスマンに会ってしまったときの上手な断り方。”家政婦”になりきるのがポイント★

みなさんは、怪しい訪問販売員やセールスマンに、直接会ったことはありますか?

 

「電話越しやインターホン越しはあるけど、直接会ったことはないなぁ…」

という方が多いのではないでしょうか?

 

直接会わないことが一番ですが、それでも

  • 帰宅時に、玄関前で鉢合わせてしまった
  • 玄関周りを掃除している最中にやってきた

など、思いがけず、訪問販売員の方に会ってしまう場合があります。

 

直接対面してしまうと、なかなか

「ウチには必要ありません!帰ってください!」

とは言いにくいですよね…💦

 

 

そこで今回は、”訪問販売員・セールスマンに会ってしまった時の上手な断り方”というのをご紹介したいと思います✨

 

断り方というよりも「帰ってもらう方法」なので、断るのが苦手な方はぜひ読んでみて下さいね(*´ω`*)

<スポンサーリンク>

電話越し、インターホン越しの断り方を対面で行うのはおすすめしない

皆さんは、いざという時のための”セールス撃退法”は、あらかじめ考えていますか?

 

「セールス 撃退法」

などというワードで検索すると、様々な”セールス撃退法”が紹介されていますよね。

 

でもこれらの記事は、電話越し・インターホン越しの場合を想定している場合がほとんどなんです。

 

よく読んでみると、

「ドアは絶対に開けちゃダメ!会っちゃダメ!」

と書かれている記事も多いですよね。

 

 

電話越し・インターホン越しの場合を想定した断り方は、対面の場合にはおすすめできません。

 

というのも、直接対面してしまうと、こちら側が圧倒的に不利な状況におかれてしまうから。

  • 対面だと断りにくい
  • 無理やり会話を切りにくい
  • 逆上されたら…と思うと心配

などの理由から、契約の獲得数も、電話越し・インターホン越しの勧誘より対面の方が多いと言われています。

 

 

すなわち、対面の方が、断り切れずに契約させられる可能性が高いということです。

 

電話越し・インターホン越しを想定した断り方を実践しても、対面だと上手くかわされてしまう場合も考えられます。

 

だからこそ、対面の場合には対面に合った断り方を実践することが大切なのです✨

ドアは開けない、高圧的にならない…その場を丸く収めるのが最優先

訪問販売員・セールスマンの方々と会ってしまった時は、

  1. ドアを開けない
  2. 高圧的な態度を取らない

という二つがとても重要です💡

 

 

まず、「ドアを開けない」というのは、無理やり家の中に入ることで、会話を強制的に終わらせないということです。

 

訪問販売員・セールスマンの方と鉢合わせてしまったら、

「サッと家の中に入って、カギしめちゃえばいいや」

と思う方も多いと思います。

 

 

でも実際、ドアを開けた瞬間に足を入れてきて、ドアを閉めさせないようにすることも考えられます。

 

特に女性の場合は、絶対に訪問販売員・セールスマンの方の目の前でドアを開けてはいけません。

訪問販売員セールスマンの方の姿が見えなくなってから、家の中に入るようにしましょう✨

 

 

また、高圧的な態度で断ることもおすすめできません。

 

忙しいし、早く家の中に入りたいのに、セールスマンが飛び込んできたら…

「今忙しいの!そんな商品いらないんだよ!早く帰れ!!!」

と言いたくなる方もいると思います。

 

 

でも、特に女性の場合は、そういった高圧的な態度を取るのはキケンです。

相手も人間なので、そういう態度に逆上してしまう可能性もあります。

 

色々言いたい気持ちは抑え、相手を刺激しないようにしつつ、毅然とした態度で対応しましょう💡

その家の”家政婦”になりきる!家事代行も流行っているから、なにも怪しくない

訪問販売員・セールスマンに会ってしまった場合…一番おすすめしたいのが”家政婦”になりきることです。

 

すなわち、

「ここの家の者じゃないのでわかりません」

という態度を取るのです。

 

その家の家政婦になりきることで、無理やり断らなくても諦めて帰ってもらうことができます。

 

家政婦といえば、以前は「お金持ちの大豪邸で雇われている…」というイメージがありました。

 

でも今は、「CaSy」のような家事代行サービスで、誰でも気軽に”家政婦”を雇うことができます💡

 

 

家事代行は、家主の在宅時に行うのが基本ですが、慣れてくると、家事代行の方に鍵を預ける方もいます。

 

だから、

「家主がいないのに、家政婦が鍵を開けて中に入ろうとしている」

と状況は、十分にありえることなのです。

 

なにも怪しまれることはありません✨

 

 

 

また、

  • 買い物袋を持っている…買い物代行
  • 子どもを連れている…子供を迎えにいくことを頼まれた

などというように、買い物帰りでも、子ども連れでも「家政婦です」と言えます✨

 

 

ただ、子ども連れの場合は、子どもに

「ママ~!はやくおうちの中に入ろうよ~!」

などと言われないように、注意が必要ですね…(;´・ω・)

言ってくるであろう言葉、行動には、こうやって上手く切り抜けよう

もちろん、訪問販売員・セールスマンの方々も、営業・勧誘の仕方には慣れています。

 

「私、この家の者じゃないので…」

と言っても、すんなり帰ってくれない方が多いと思います。

 

なので、おそらく訪問販売員・セールスマンの方々が言ってくるであろう言葉と、それに対する返し方をまとめてみました

「家主はいつ休みか?いつなら家にいるのか?」など、個人情報にあたることを質問された場合

「私、家事代行の者なので、この家の者ではないんです…」

といった場合、おそらく

「では、家主の方はいつ帰られますでしょうか?」

などと聞いてくる方が多いと思います。

 

 

そんな時は、

「個人情報にあたるので、私の口からは申し上げられません」

と言ってしまって大丈夫です。

 

これは実際、本当の家事代行の方もそういう対応をします。

 

CaSy」の公式サイトでも、

Q:家のこと、外にベラベラしゃべられない?

A:ご心配無用です!

私達のスタッフは、採用時に顧客情報は重要であることをしっかり教育して、秘密保持契約も締結しています。

また、採用後にも、継続的に顧客情報の重要性について教育を行っています。

(引用元:「CaSy公式サイト」

 

と回答されているように、”顧客情報を喋らない”ということが徹底されています。

 

なので、家主のことを聞かれたら、「個人情報は言えない」の一点張りで大丈夫です。

 

「会社の規定もあり、顧客の方の個人情報は申し上げられないんです…」

なんて言うと、よりリアルですね✨

雑談が始まり、なかなか帰ってもらえない場合

訪問販売員・セールスマンの方々も、飛び込み営業には慣れています。

 

なので、

「私、ここの家政婦なんです」

と言っても、

「俺を帰らせるために、コイツ嘘をついているな」

と疑う方もいると思います。

 

そのため、「家政婦だ」と言っても、なかなか諦めない場合も考えられます。

 

セールスとは関係ない雑談を始め、口をすべらせることを狙っている方もいるかもしれません。

 

 

「いいおうちですね~高かったでしょう?いつ買われたんですか?」

「ありがとうございます、もう20年前なんですけど…あっ!」

とならないように、なにか言ってしまう前に帰ってほしいですよね。

 

 

そんな時は、

「この時間も時給が発生しているので、そろそろ失礼してもよろしいでしょうか?」

と言いましょう💡

 

実際に家事代行をお願いしている場合、セールス対応をしている時間も時給が発生します。

 

お掃除代行を2時間頼んだ場合、そのうちの1時間をセールスマンとの雑談に使われたら…

「2時間掃除してもらうためにお金を払ったんだ!なにやってるんだ!」

と、頼んだお客さんも怒ってしまいますよね💦

 

なので、「時給が発生しているから…」という理由に断っても、全くおかしいところはないのです✨

寝ぐせ+パジャマなどで、家の外には出ないようにしよう

「家政婦です」と言って断るためには、最低限の身だしなみは整えておくことが必要です。

 

寝ぐせがついたボサボサ頭に、明らかなパジャマ姿で

「家政婦なんです~」

と言っても明らかにウソってばれてしまいますよね(;´・ω・)

 

しっかりフルメイクをしよう!とまでは言いませんが、

  • メイク…すっぴんの場合はマスク装着。眉毛は書く
  • 髪型…寝ぐせを直す、一つに結ぶと寝ぐせが気づかれにくい
  • 服装…パジャマ・ジャージ以外。「電車にも乗れる格好」

というのを基準に、家の外を”家の人の格好”でうろつかないようにしてくださいね(;´・ω・)

<スポンサーリンク>

断るのが苦手でも大丈夫!女優になったつもりで”家政婦”を演じよう♡

「家政婦になりきってください」

といっても、

「ばれないかな…ちゃんとなりきれるかな…」

と不安な方も多いと思います。

 

でも、心配はご無用です💡

 

なぜなら、あなたが

「この家の人です!家政婦ではありません」

と言わない限り、訪問販売員・セールスマンの方からは

「本当に家事代行の方なのか?」

というのは、調べようがないからです。

 

証拠がなにもないのに、

「あなたはこの家の人でしょ!家政婦なワケないじゃないか!」

なんて、断定することはできないですよね。

 

 

だから安心して、いざというときは”家政婦”になりきっちゃいましょう✨

大女優になったつもりで、堂々と家政婦役を演じてみて下さいね(*´ω`*)

 

参考になったら嬉しいです、最後まで読んでいただきありがとうございました