防犯対策

知らない人がきた!怪しいアポなし訪問は、インターホンでどう対応する?【防犯対策】

こんにちは、えりです(/・ω・)/!

皆さんの家のインターホンは、どの位の頻度で鳴りますか?

 

スマホやLINEが普及した現在、知り合いが突然家を訪ねてくることって、ほとんどないですよね💧

インターホンが鳴った時に「あれ?誰だろう?」と思うことは、前よりも少なくなったと思います。

 

それでもたまにくる、知らない人のアポなし訪問…💦

「出た方がいいの…?でも、危ない人だったらどうしよう…」

 

もし、夫が留守で家に自分一人しかいない時、あなたはどう対応しますか?

今回はそんな、突然来るアポなし訪問の対処法をご紹介したいと思います(/・ω・)/

<スポンサーリンク>

明らかに怪しい人なら、インターホンの応答もしない!

モニター付きインターホンの場合、モニターを確認して

「このスーツの人は誰?なんだか怪しそう…」

と、「怪しい!」と思った時は、通話ボタンを押さないことが大切です💡

 

というのも、一旦通話ボタンを押して会話してしまうと、ドアを開けなければいけない雰囲気になるし、

「ドアは開けません!帰ってください!」

なんて、強く言うのは怖いですよね💧

 

ただこの点、一つ注意しておきたいのが、

「配達員っぽい格好をしている!宅配便の配達員の人だ!」

と、格好だけで判断してドアを開けてしまうこと。

 

なんと、ドアを開けさせるために、わざわざ配達員風の格好をする悪質な人もいるんです…。

実際、宅配便の配達員を装い、ドアを開けた隙に女性宅に押し入り、暴行や強盗しようとした事件が都内でも起きています。

 

そのため、

「配達員の格好だから大丈夫だよね!」

と、恰好だけで「大丈夫」と断定することはできないのです⚡

 

見るからに怪しいと思ったら、応答はしないのが一番無難な方法です。

知らない人に、自分の情報&状況を伝えないように断る

ただ、「通話ボタンを押さないで」とはいっても、

「モニターだけじゃ判断できなかったから、通話ボタンを押してしまった…」

というときもありますよね。

 

そんな時、断り方にも注意する必要があります。

 

この点、「今は家に、夫がいないので…」などと言って断っている人はアウトです⚡

 

だって、「今は夫がいません」と言っているということは、

夫がいない=妻や子供しかいない

ということを、赤の他人に教えてしまっていることになります。

 

もしこれが、泥棒や強盗犯だったら…

「この家には、日中は女しかいないんだな!」

と、「チャンスだ!」と思わせてしまうことになります💧

 

もし、ドアを開けずに断りたい場合は、

  • 子どもの世話で、今ちょっと忙しい
  • いまガスを使っている

など、適当な理由をつけてドアを開けないようにしましょう!

 

「私しかいない」という情報をむやみに他人に教えないようにすることが大切です💡

<スポンサーリンク>

応答しなくてもいい!宅配ボックスを置くのもオススメ◎

「でも、モニターだけじゃわからない…全部応答したくない…」

という方は、一切応答しないという方法もあります。

 

ただ、宅配便の場合は、居留守を使ってしまうのは申し訳ないですよね…。


「宅配便だと分かっていても、やっぱり応答したくない…」

と思う方は、家の前に宅配ボックスを設置するという方法もあります。

 

宅配ボックスを設置すると、配達員の方と対面しなくても、荷物を置いて行ってもらうことができます💡


「仕事が忙しくて、日中荷物を受け取ることができない…」

「再配達をしても、配達時間に家に帰れない…」

という方も多いので、宅配ボックスを設置する家が増えてきているそうです。


「宅配ボックスを設置するのは大変そう。高そう。」

と思う方もいるかと思いますが、個人で使う宅配ボックスは、こんな風に折り畳みをすることができます。

「宅配ボックス」ときくと、マンションのエントランスにある大きいロッカーのようなモノを想像しますよね💦(笑)

 

普段は家の中にしまっておいて、荷物が来る時だけドアの前に設置します。

玄関前に常に置かなければならないワケじゃないので、女性でも設置しやすいかと思います。

 

値段は、一つ6,000円程。

 

激安!というワケではありませんが、

「6,000円で、怪しい訪問者をシャットアウトできる」

と思ったら、安いのかもしれませんね✨

「自分は大丈夫」と思わないこと。防犯の意識を高く持とう◎

毎日ニュースを見ていると、

「家に勝手に入ってきて…」

「知らない人が家の中にいた…」

などと、怖い事件がたくさん起こっていますよね💧

 

そういうニュースを見ても、怖いと思う一方で

「まさかうちに限って、事件には巻き込まれないだろうな…」

と思ってしまっていることもあると思います。

 

でも、事件は起こってからでは遅いんです⚡

  • 自分はもう若くないから
  • この辺の地域は安全だから
  • なにかあっても、自分なら対処できるから

と、「自分なら大丈夫」と思わず、しっかり防犯対策をしましょう(/・ω・)/!

参考になったら嬉しいです、最後まで読んでいただきありがとうございました