健康

風しんの抗体検査を受けてきた!子どものためにも、妊娠前に夫婦で受けよう!

こんにちは、えりです(/・ω・)/!

先日、子宮頸がんの検診に行った際に「風しん抗体検査」というモノを受けてきました。

「風しん抗体検査」は、赤ちゃんが「先天性風しん症候群」になることを防ぐためのものだそうです💡

  • これから妊娠を希望している方
  • 妊婦のパートナーの方

で、まだ「風しん抗体検査」を受けていない方は、ぜひ参考にしていただけると嬉しいです✨

<スポンサーリンク>

赤ちゃんが「先天性風しん症候群」になるのを防ぐ

「風疹(ふうしん)」とは、ウイルス感染症の一種です。

日本では「三日はしか」とも呼ばれており、「水疱瘡(みずぼうそう)」や「麻疹(はしか)」とは、異なります。

 

妊娠初期の妊婦が風しんに感染した場合、胎児が「先天性風しん症候群」になる可能性があります。

風しんウィルスに感染し、「先天性風しん症候群」になってしまった赤ちゃんは、

  • 心疾患
  • 難聴
  • 白内障

などの障害を起こす可能性があります。

 

そのため、妊婦やそのパートナーが風しんウイルスに感染しないためにも、

  • 風しんの抗体があるかどうかの検査
  • 抗体が十分でなかった場合、風しん予防ワクチン

が必要となるのです。

ちなみに、

「いずれ子どもは考えているけど、そんなすぐにってワケではないし…」

という方でも、抗体検査は受けることができます。

むしろ、妊娠前に抗体検査はしておいた方がいいです。

 

というのも、このワクチンは妊娠中の方は接種することができません💧

そのため、

「ワクチン打とうと思ったのに、妊娠しちゃった…」

となってからでは遅いんです(;´・ω・)

なので、余裕をもって風しん抗体検査を受けられることをおススメします✨

妊娠を希望する女性、またはそのパートナーが対象者

風しんの予防接種を受けたい場合、まずは十分な抗体があるかどうかを検査する必要があります。

私が住んでいる市町村では、風しんにかかったことがない方の中で

  • 妊娠を希望する女性
  • 妊娠を希望する女性のパートナー
  • 妊婦のパートナー

が、「風しん抗体検査」を受けることができました。

 

対象者は、どの市町村もそこまで大きく変わりませんが、

  • 19~49歳の女性
  • 男性の場合、配偶者の抗体が低い場合のみ

など、対象となる範囲が少し異なる場合があるので、

「住んでいる市町村名 + 風しん抗体検査」

などで検索してみて下さいね💡

抗体検査は基本的に無料。ワクチンは0円~5,000円?

これも市町村ごとに異なる話なので、私が住んでいる市町村の場合になりますが、

料金は、

  • 風しん抗体検査…無料
  • 風しん予防ワクチン…3,200円

でした。

抗体検査は無料な市町村が多いですが、ワクチンは、無料のところもあれば5,000円程かかる市町村もあるそうです💡

住んでいる市町村内の、内科や産婦人科で受けられる

風しん抗体検査は、住んでいる市町村内の内科や産婦人科などで受けることができます💡

私は、子宮頸がん検診と一緒に行ったので、産婦人科で抗体検査を受けました。

検査は簡単な問診と採血のみなので、産婦人科以外でも大丈夫だと思います✨

 

ただ、一つ注意しておきたいのが、自分の家から向かいやすい病院にすること。

私が住んでいる市町村の場合、仮に抗体がなくてワクチンを接種しなければならなくなった場合、

  • 抗体検査の結果が来てから、1ヶ月以内に打つこと
  • 抗体検査を受けた病院でワクチンを打つこと

という規定がありました。

そのため、

「出かけた先の病院に行こうかな~」

などとするより、家からなるべく向かいやすい病院にすることをおススメします✨

 

また、抗体検査を無料、または市町村の補助を受けて少額で行う場合は、市町村が契約している医療機関で行う必要があります。

契約していない医療機関でおこなってしまうと、無料や少額で検査を受けられなくなってしまうので、病院に行く前に事前に確認してみて下さいね💡

契約している医療機関は、先ほど言った「市町村+風しん抗体検査」で出てくるページに載っていると思います(*´ω`*)

実際に、抗体検査を受けてきた!採血だけでカンタン

今回私は、実際に産婦人科で「風しん抗体検査」を受けてきました。

私が行った産婦人科の場合、まず問診票に必要事項を記入し、その後いくつかの質問をされました。

 

ひとつ、重要だと思ったのは、

抗体検査を受けると、ワクチン接種は義務になる

ということ。

抗体検査をして、抗体があった場合はワクチンを接種する必要はありませんが、抗体がなかった場合はワクチン接種が義務になります。

 

すなわち、

「抗体検査で抗体がないって言われたけど、ワクチンは打ちたくない~…」

ということはできない、ということです💧

 

この点、「ワクチン」と聞くと、子宮頸がんワクチンを接種したことで、運動障害や歩行障害などの重い副作用がでたケースがあったので、

「この風しん予防ワクチンは、子宮頸がんワクチンのような副作用はありますか?」

と質問しました。

すると、

「風しん予防ワクチンは、子宮頸がんワクチンのようなモノではありませんよ。安心して大丈夫ですよ」

と看護師さんが答えてくれたので、安心して抗体検査を受けることができました✨

 

検査自体は、ほんとうに一瞬。

通常の血液検査と同じように、ササッと採血をして終わりました。

私は針を刺されることが苦手なので、アルコールフリーで消毒してもらってなんとか乗り切りました…(;´・ω・)

採血の怖さが軽減する!あの「チクッ」とした痛みを和らげる方法

検査自体はすぐに終わったので、仕事が忙しい人でも合間などに行けると思います。

ただ、産婦人科は待ち時間が長くなる傾向にあるので、すぐに終わらせたい方は内科などにした方がいいかもしれません💦

<スポンサーリンク>

抗体検査の結果は、後日郵送でくる

採血が終わると検査は終了。

血が止まったら、すぐに帰ることができました(●´ω`●)

私は刺した部分から血が止まらなくなってしまったので、帰るまでにちょっと時間がかかりました💦

 

抗体検査の結果は、後日郵便で発送されるそうです。

私が住んでいる市町村では発送までに2~3週間かかる、とのことでした💡

 

その抗体検査の結果、風しんの抗体がなかった場合は、風しん予防ワクチンを接種することになります。

「抗体があります」という結果だった場合は、それで終了です。

私は10日前位に検査を受けたので、今は結果待ちです✨

ちょっと緊張…(;´・ω・)

妊娠する前に…思い立ったら即検査しよう★

正直私は、まだ

「今すぐにでも子ども欲しいです!」

とは思っていませんが、今回風しんの抗体検査を受けておいてよかったです✨

 

やっぱり、妊娠してからでは遅いし、検査を受けないで妊娠してしまい、

「風しんにかかったらどうしよう…」

と思いながら妊娠期間を過ごすのはイヤですよね💧

忙しいと、そういった検査を後回しにしてしまいがちですが、子どもの健康のためにも、ぜひ抗体検査を受けてほしいと思います。

 

また、市町村のページには、

「実施期間:平成30年3月31日まで」

と書いているところが多いので、もしかすると、来年度以降無料じゃなくなってしまったりなど、制度が変わる可能性もありえます。

忙しいとは思いますが、ぜひ早めに検査に行ってみてほしいです(*´ω`*)

参考になれば嬉しいです、最後まで読んでいただきありがとうございました