ランドで一番怖い?絶叫系が嫌いな私が、スプラッシュマウンテンを克服できた方法♡

こんにちは、えりです(/・ω・)/!

先日、大好きなディズニーランドへ行ってきました💕

 

ただ、一つ不安だったのが…スプラッシュマウンテン。

私は絶叫系が大の苦手なので、スプラッシュマウンテンも苦手なんです💧

 

でも今回、色んな方法を試してみたら、こんな私でもスプラッシュマウンテンに乗れるようになりました!

2回目はなんと、手も離してピースできるようになった!快挙!(笑)

 

というわけで今回は、そんな絶叫系が嫌いな私が、スプラッシュマウンテンを克服する方法をお話したいと思います

<スポンサーリンク>

「フワッ」を抑えるテクニックと、「怖い」を抑える気持ちが大事

私は今回、スプラッシュマウンテンを克服するために、

  • あの「フワッ」を抑えるテクニック
  • 「怖い」という不安を抑える思考方法
という、主に「行動」と「気持ち」の両面から工夫していきました💡

 

早速、私が試した克服方法をご紹介していきたいと思います(*´ω`*)

テクニック編①:1列目か2列目に乗る!

スプラッシュマウンテンは、1列目か2列目の方が、最後尾に比べてあの「フワッ」が少ないです。

ジェットコースターは、速ければ速いほど、落ちた時の「フワッ」が大きいです。

 

なので、よりスピードが出やすい最後尾はおすすめしません💧

全部で4列しかないので、それほど差があるワケではないとは思いますが…。

 

また、前の列に乗ると、

「どのタイミングで、どのくらい落ちるのか」

が見えやすい、というメリットがあります。

 

スプラッシュマウンテンは、全部で4回の落下がありますが、最後の落下以外は小さい落下しかないんです。

おそらく、「カリブの海賊」位の落下だと思います✨

 

1~2列目に乗ると、

「あ、この位しか落ちないのか」

というのがハッキリ見て分かるので、より怖い気持ちが抑えられます。

 

なので、「前の列に乗る」というのは、テクニック面と精神面、どちらからも怖さを軽減できる方法だと思います(`・ω・´)

テクニック編②:安全バーはしっかりおろして、身体を固定させる

落下時の浮遊感を抑えるためには、しっかり踏ん張ることが大切です💡

安全バーをしっかりめ(少しきつめ)につけることで、より身体を固定することができます。

 

今は、安全バーが一人ずつになったので、より自分のサイズに合わせられるようになりました。

前は「列ごと」だったので、自分より体型が大きい人と並ぶと、安全バーがゆるくなっていたんですよね…💦

 

しっかりめに安全バーをおろすと、太ももの付け根あたりにバーが当たるようになります。

落下時は、太ももで安全バーを押し上げるように力を入れると、上手に踏ん張ることができます✨

 

ちなみに私は今回、スプラッシュマウンテンに乗ったのがかなり久々でした。

乗りたくない…乗りたくない…

と思っていたスプラッシュマウンテンだったけど、乗ってみたら案外、

あれ?こんなもんだったっけ?

と拍子抜けした、というのが正直な感想です。

 

というのも、一人ずつの安全バーになってから初めて乗りましたが、前よりも浮遊感が少なかったからです💡

列ごとに安全バーがついていた時の方が、浮遊感がおおきかったです…。

 

なので、列ごとに安全バーがついてた頃以来乗っていない人は、今乗ると

「あれ?前より怖くなくなった?」

と思えるかもしれません✨

気持ち編①:BGMを聴いて、落下シーンを繰り返し予習する

私が今回感じたのは、

スプラッシュマウンテンは、意外と怖くない

ということ。

 

スプラッシュマウンテンが怖いと思う理由の一つに、「雰囲気」があります。

スプラッシュマウンテンは、最初は楽しい音楽に合わせて、色んな動物が出てきます。

 

でも、最後の落下が近づくにつれ、音楽も照明も暗くなり「怖い雰囲気」になるんです。

 

それのせいで、

「もうすぐ落ちるんだ!怖い!」

という気持ちがより強くなってしまうんです💧

 

なので、スプラッシュマウンテンの音楽を繰り返し聴くことで、

はいはい、

この辺で暗くなってくるんですよね~

と、「怖い雰囲気」になっても余裕でいられます(笑)

 

ちなみに私が、雰囲気を慣れさせるために聴いていたのは、このアルバム。

9番目に「スプラッシュマウンテン”ライドスルーミックス”」が収録されています💡

 

目を瞑って聴いていると、実際にスプラッシュマウンテンに乗っているみたい!

落下する時も、

「バシャーーン!」

という水の音を、忠実に再現してくれています。

 

6分30秒あたりから「怖い雰囲気」になるので、そこを繰り返しきいてみてください(*´ω`*)

気持ち編②:「自分から落ちる!」という気持ちが大事

スプラッシュマウンテンのような絶叫系が怖いのは、「落とされる」から。

 

ジェットコースターは、自分がどんなに嫌がっても乗ったら最後。

 

「まだ落とさないで!」

と思っても、タイミングが来たら、無理やり落とされてしまいますよね💧

これが、ジェットコースターが怖いと思う理由だと思いました。

 

なので今回、「自分から落ちに行くんだ!」と思うことにしたんです。

 

「そんなことで怖くなくなるのか?」

と思う方も多いと思いますが、私はこれが一番効果ありました!

 

というのも、スプラッシュマウンテンは、「大きなすべり台」だからです。

 

最後の落下、よーく見てみると傾斜って意外と緩やかなんですよ💦

本当に、「すべり台が大きくなった」みたいな傾斜なんです。

 

私は「すべり台」なら、楽しく滑ることができます✨

なぜ、すべり台なら「怖い」と思わず、楽しく滑ることができるのか…。

 

それは、「自分のタイミング」で滑り出すことができるから💡

たぶんスプラッシュマウンテンも、自分のタイミングで滑り出すことができるなら、それほど怖くないはずです。

 

だから、

これはすべり台と一緒!

私のタイミングで滑っていくんだ!!

と思い込むが大切です

 

落下直前、

「こわいー!!落とされるー!!!」

という気持ちでいっぱいになるのを、

「はい!あと3秒後にすべりまーす!」

と思うことで、かなり恐怖が抑えられます(*´ω`*)

 

一番胡散臭いかもしれませんが(笑)、本当に怖くなくなったのでおすすめです

実際に、スプラッシュマウンテンに乗ってみた感想

「スプラッシュマウンテン怖い、乗りたくない…」

と思っていた私でしたが、無事、2回もスプラッシュマウンテンに乗ることができました!

 

あれ?

私、スプラッシュマウンテン乗れるかも…

と思えるようになったことで、完全に克服してしまいました

 

スプラッシュマウンテンは、富士急にあるような絶叫系に比べてかなりやさしいと思うので、

浮遊感を抑えるテクニック+不安な気持ちを解消

で、誰でも克服することができると思います。

 

富士急にあるような絶叫系は、一生乗れないと思うけど…(;´・ω・)(笑)

 

小学4年生で、生まれて初めてジェットコースターに乗り、この世の終わりかと思った私でも、

何回でもスプラッシュマウンテン乗れるよ!

と思えるようになったので、ぜひ試してみてほしいです。

この世の終わりかと思ったジェットコースターは、スペースマウンテンだったかな?(笑)

 

参考になったら嬉しいです、最後まで読んでいただきありがとうございました