整理整頓・掃除

洋服を断捨離するコツ。部屋と気持ちをスッキリさせて、気持ちいい新年を迎える準備をしよう

こんにちは、えりです(/・ω・)/!

 

先日、思い切って洋服の断捨離を行いました。

「この服、本当に処分していいのかな…?」

と迷うこともありましたが、結果、断捨離をして良かった!

 

部屋やクローゼットだけじゃなく、気持ちまでスッキリさせることができました。

まだ早いですが、これで気持ちいい新年を迎えられそう…✨

 

というわけで今回は、洋服を断捨離するコツなどをお話したいと思います(*´ω`*)

<スポンサーリンク>

洋服を断捨離するときは、”毎日コツコツ”ではなく1日でやろう!

洋服を断捨離するときは、毎日コツコツやるよりも

「今日の午前中を使って、洋服を断捨離するぞ!」

と、時間を決めて一気に取り掛かった方がいいです。

 

というのも、断捨離を始めて30分位したところで、やっと「断捨離のエンジン」がかかってくるんですよね…。

私も今回、30分経ったくらいから断捨離のスピードが加速しました。

 

以前、毎日少しずつ断捨離しよう!と思ったこともありましたが、これがなかなか進まない…。

結局、中途半端な状態で放置してしまい、なにも処分することはできませんでした💧

 

なので、断捨離する時は一気にやってしまうことをおすすめします✨

「着られる服」ではなく、「着たい服」を残す

断捨離をする上で重要なのは、残す服を選ぶ基準。

基準は「着られる服」ではなく、「着たい服」を残すのがポイントです💡

 

洋服を一枚ずつ手に取っていき、

「この洋服、これからも着ていきたいかな?」

というのを自分に問いかけます。

 

その時に、

「可愛いし、これからも着続けたい!」

と思ったら、残してもいいと思います。

 

仮に「着られる服」かどうかで選んでしまうと、

「そこまで傷んでないし、まだまだ着れそう…」

「そんな汚れてもいないし、捨てるのもったいない…」

と、なにも断捨離できなくなってしまうんです💧

 

そもそも、”着られる服””着たい服”は違います。

”着られる服”を何着も持っていても、結局いつも選ぶのは”着たい服”

 

着ない服をずっと押し入れに入れておいても、”タンスの肥やし”になるだけです⚡

そうやって、どんどんいらないものばかりで溢れかえるようになってしまうかも…。

 

だったら思い切って、「着られるけど着ていない服」は処分することが大切です✨

「この服は着たくない」と思ったら、ごみ袋に入れる

着たい服と着ない服を分別する時は、着ない服をゴミ袋に入れていくのがポイントです💡

 

というのも、「この服は着ないな」と思ったのに、どこかにまとめただけだと、ごみ袋に入れる時にまた、

「この服、本当に処分していいのかな…?」

と、迷いが生じる可能性があるんです💧

 

すなわち、分別するときとゴミ袋に入れる時、2回迷いが生じる場面があるということ。

 

だったら、着ないと思った瞬間に、ごみ袋に入れてしまいましょう(/・ω・)/!

すぐゴミ袋に入れることで、「処分していいのかな?」という迷いが1回で済みます

 

何回迷ったとしても、最初に「着ないな」と思った服は、きっとこれからも着ないと思います。

 

ゴミ袋に入れるまでは迷いますが、いざ入れるとスッキリしますよ(*´ω`*)

ブランド服の場合は、買い取りサイトに買い取ってもらうのも◎

断捨離をしていると、もう着ていないし、これからもおそらく着る予定はないけど、

「でも、この服高かったから捨てるのはもったいない…」

と、どうしても捨てる勇気が出ない服もありますよね。

 

そういうブランド服の場合は、ブランド買取サイトで買い取ってもらうという方法もあります💡

一番使いやすい買取サイトは、「RINKAN」というブランド買取サイト。

 

なぜ「RINKAN」をおすすめするかというと、他の買取サイトでは、査定料が無料でも、

  • 査定金額によっては、キャンセル料がかかる
  • キャンセル料は無料でも、返送料がかかる

というサイトがほとんど。

 

そのため、査定額がかなり低くても、

「返品してもらうのも送料がかかるし、もったいないな…」

と、低い額のまま泣く泣く処分…というケースもかなり多いんです💧

 

その点RINKANは、キャンセル料・返送料が無料なので、

「査定額に納得できたら売ろう!低かったら、返送してもらえばいいや」

と、気軽に買い取りを申し込むことができます。

 

捨てるにはもったいないブランド品の場合は、「RINKAN」で買い取ってもらうのがおすすめです。

<スポンサーリンク>

洋服を断捨離したら、部屋だけじゃなく気持ちもスッキリした

私は今回、着ていない服を思い切って断捨離することにしました。

 

着ないと思った服は、ゴミ袋に投入。

1時間程で、ごみ袋1.5袋ほどになりました。

 

洋服でパンパンだった衣装ケースも、見事すっからかん。

「この服、着ようと思えばまだまだ着られるんだけど…」

と思う服もたくさんありましたが、思い切って全部ゴミ袋に。

 

実際に洋服を断捨離してみると、部屋だけじゃなく気持ちまでスッキリ!

思い出の詰まった服もありましたが、それらを処分することで、また新たな一歩を踏み出せる気がしました。

 

パンパンだったクローゼットも、着る服だけが並んでいるのでとても見やすい!

 

どうせ着ない服を持っていただけだったので、

「洋服を断捨離したせいで、着る服がなくなってしまった!」

ということもありませんでした。

 

部屋も気持ちもスッキリできたので、洋服を断捨離して本当によかったです。

 

「洋服を捨てる」というのは、勇気がいることではありますが、得られるメリットもかなり大きいことがわかりました。

 

「部屋も気持ちもスッキリさせて、気持ちいい状態で新年を迎えるぞ~!」

という気持ちで、ぜひこの機会に洋服の断捨離をしてみませんか?

 

「今年の汚れ、今年のうちに」というように、今年のいらないモノは、今年のうちに処分できるといいですね✨

参考になったら嬉しいです、最後まで読んでいただきありがとうございました

こちらの記事も、読まれています◎

タオルは色と大きさを揃えるとオシャレ!気持ちもスッキリして統一感のある部屋に

クローゼット内の洋服がカビている…簡単にできるカビ対策の方法はコレだ!

共働きで忙しい…そんな時は「スキマ時間」を使って、平日に掃除を終わらせよう!