整理整頓・掃除

メルカリに出品して得られた3つのメリット。お気に入りだけのシンプルライフを送ろう!

こんにちは、えりです(/・ω・)/!

先日、家の中を不要なモノを、メルカリに出品しました。

 

実際にメルカリに出品すると…いらないモノがお金になった!

しかも、不要なモノも手放せて一石二鳥💕

 

それだけじゃなく、メルカリにはその他にも、様々なメリットがあることがわかったのです✨

というわけで今回は、メルカリに出品したことで得られた3つのメリットをご紹介したいと思います、

<スポンサーリンク>

なかなか捨てられないモノも、手放すことができた

メルカリに出品して気づいたことは、

「捨てるまではいかないけど、もう使わないモノ」

がたくさんあったということ。

 

1回しか着ていないけど、もう全く着ていない服。

2〜3回観たら満足して、ずっと棚に並んでいるだけのDVD…。

 

どれも状態はキレイだから、捨てるとなると躊躇してしまい、今まで捨てられないでいました…。

 

でも、使わないものはいつまで経っても使わないんですよね💧

 

そんな捨てられなかったモノたちも、

「捨てるのはもったいないけど、少しお金になるなら手放してもいいか…」

と思い、やっと処分することができました。

 

部屋もスッキリしたので、思い切ってメルカリに出品して良かったです✨

メルカリがめんどくさいおかげで、物欲が抑えられるようになった

メルカリで商品を発送してみた感想は…

正直、めんどくさい!

です。(笑)

 

どの発送方法だと赤字にならないか、重さや厚さ、サイズはどのくらいか…ということも考えて発送しなければなりません。

事前に計算しておかないと、送料の方が高くついてしまい、結果私たちが損してしまった…ということもあります💧

 

そういうことも考えながら商品を売らなきゃいけない…と思うと、私は正直めんどくさいと思いました(;´・ω・)

 

でも、メルカリへの出品・発送がめんどくさいおかげで

「これ以上、メルカリに出すようなモノを買うのはやめよう!」

と思い、買う前にじっくり考えるようになりました。

 

今まで買い物するときは、

「安い!」「カワイイ!」

というだけで、考える間もなく買ってしまうことも多かったんです💧

 

でも最近は、買い物をするまえに、

「ちゃんと使うかな?買っても使わないで、メルカリ行きにならないかな?」

と、よく考えてから購入しています。

 

そうすると、意外と「やっぱり買わなくていいや〜」って思うことが多いんです。

そのおかげで、無駄なものを買ってしまう機会を減らすことができました✨

スッキリしてて気持ちいい!モノが少ないことが好きになった◎

「メルカリに出品するものを探そう!」

と思い、部屋の中のモノをかき集めたところ…なんと、クローゼット内の洋服が1/4以下になりました。

 

クローゼットはかなりスカスカしましたが、なんだかスッキリしていて気持ちいい…✨

 

自分に必要なモノだけが置いてある空間が、とても気に入ってしまったのです。

確かに、いらないモノで部屋が溢れていたって、ゴチャゴチャして住みにくいだけですよね(;´・ω・)

 

 

モノは少ないけど、今あるモノは全部私のお気に入り…それがとても気持ちいいことに気づいたのです✨

部屋だけじゃなく、気持ちもスッキリしました。

 

定期的に断捨離をすると、気持ちもリフレッシュできる気がします(●´ω`●)

洋服を断捨離するコツ。部屋と気持ちをスッキリさせて、気持ちいい新年を迎える準備をしよう

 

<スポンサーリンク>

メルカリを使って、「お気に入りに囲まれた暮らし」を始めよう♡

今回、実際にメルカリを使ってみると、

  • 捨てられなかったモノたちを手放すことができた
  • 物欲が抑えられるようになった
  • 「モノが少ない暮らし」を好きになった

と、様々なメリットを実感することができました✨

 

モノが少ないと、掃除もラクになるし、本当にいいことだらけですね(*´ω`*)

皆さんもぜひ、メルカリを使って「お気に入りに囲まれた生活」を始めてみませんか?

 

そしていつか、

「メルカリに出品するものがない!」

といえる位、モノが少ない、お気に入りに囲まれたシンプルな暮らしをしたいですね。

参考になったら嬉しいです、最後まで読んでいただきありがとうございました✨

こんな記事も、読まれています◎

洋服を断捨離するコツ。部屋と気持ちをスッキリさせて、気持ちいい新年を迎える準備をしよう

タオルは色と大きさを揃えるとオシャレ!気持ちもスッキリして統一感のある部屋に

クローゼット内の洋服がカビている…簡単にできるカビ対策の方法はコレだ!