整理整頓・掃除

クローゼット内の洋服がカビている…簡単にできるカビ対策の方法はコレだ!

久しぶりに着ようと思った洋服をクローゼットから出したら、

「なにこれ真っ白!カビてる~!!」

という事態になってしまったことはありませんか?

実は私も、クローゼットにしまっていた主人のスーツをカビさせてしまったことがあるんです。

クリーニングでカビ取りの追加料金も取られてしまったので、ムダな出費になってしまいました💧

というワケで今回は、クローゼット内のカビ対策方法をご紹介したいと思います!

あまり積極的なカビ対策を行っていない方は、ぜひ参考にしてみて下さいね(/・ω・)/

<スポンサーリンク>

クローゼットは、カビが大好きな場所!

洋服をたくさん入れているクローゼット。

いつも扉は締め切っているという方が多いのではないでしょうか?

クローゼットは狭くて気密性も高いので、締め切っているとすぐに湿度は上がってしまいます。

ちなみにカビは、湿度50%になると繁殖をはじめ、60%を超えると繁殖のスピードが速くなります。

しかし日本の気候は、ただでさえ湿度が高いですよね。

そのため、コマメにしっかりしたカビ対策を行わないと、気づいたら全部カビていた!ということもあるんです💧

そこで、大事な洋服をカビさせないためには、

  • 湿度が高くならないようにすること
  • 換気を良くすること

の二点が大切になります💡

湿度を高くしないための対策は?

1、クローゼット内に除湿剤を置く

除湿剤とは、いわゆる「水とりぞうさん」のような湿気を取り除いてくれるものです。

中に入っている乾燥剤が、湿気を吸い取るにつれて水溶液に変わっていきます。

乾燥剤が全て水溶液に変わったら、交換の目安です。

季節や部屋の位置によっても異なりますが、大体3~6か月は持つそうです。

私はクローゼットだけでなく、食器棚や下駄箱にも置いています

3つ入りで200円前後と安いので、コスパはとってもいい商品です!

引き出し内には、シートタイプの除湿剤がオススメです

シートタイプの除湿剤は、湿気が取れると中の薬剤がゼリー状になるそうです。

2、特に湿度が高いときは、除湿器を設置する

「梅雨の時期で、毎日ずっと湿度が高い…。」「除湿剤だけじゃ間に合わない…」

そんな時には、除湿器を設置するのもオススメです

最近の除湿器は、除湿機能だけでなく

  • 消臭機能(生乾き臭を含む)
  • カビ抑制機能

などもついているため、

「部屋干しをしたいけど、生乾きが気になって…」

という方も、ニオイを気にせずに部屋干しをすることができます💕

比較的安価な除湿剤に比べ、除湿器は2~3万円してしまうものもありますが、繰り返し使えるので一家に1台あってもいいかもしれません

換気を良くするには、どうしたらいいの?

1、クローゼットには、洋服を入れすぎないようにする

「毎年衣替えするのもめんどくさいなぁ…」

と思い、夏になっても冬物をクローゼットに入れっぱなしにしてはいませんか?

十分な広さのクローゼットなら構いませんが、冬物を入れているせいで、クローゼットがぎゅうぎゅう…

という方は注意が必要です⚡

というのも、クローゼットに洋服をパンパンに詰めてしまうと、通気性が悪くなります。

通気性が悪くなると湿気もたまりやすくなるので、カビが発生する可能性も高くなってしまうんです💧

クローゼットにしまう洋服の量は、クローゼットの広さに対して大体7~8割に抑えておくのがオススメです。

「もう少し、洋服入れられるかも?」

と思えるくらいがちょうどいい量です。

ちなみに、衣装ケースに洋服をしまうときも、洋服を詰めすぎないように気を付けてみてくださいね💡

2、サーキュレーターを回す

特に湿度が高い梅雨の時期は、定期的にサーキュレーターを回すのもオススメです。

サーキュレーターは、扇風機と同じような見た目をしていますが、用途は全然違うんです。

扇風機は、暑さをしのぐために身体に風を送るモノなのに対し、サーキュレーターは、部屋の空気を循環させるためのモノです。

そのため、湿気の溜まりやすいクローゼットに向けてサーキュレーターを回すと、クローゼット内の溜まった湿気を逃がしてくれるのです💡

エアコンがついている部屋の場合は、サーキュレーターを回すと同時に、エアコンの除湿モードをつけるのもオススメです

サーキュレーター自体は、大体2,000~3,000円程度で購入することができます。

電気代も安く、エアコンと一緒に使うと省エネ効果も期待できるので、とてもコスパのいい商品だと思います(/・ω・)/!

ちなみに私は、ZEPEAL(ゼピール)というメーカーのサーキュレーターを使っていますが、4年経った今でもまだまだ現役です💕

<スポンサーリンク>

カビになってからでは遅い?カビを予防することが大事!

食べ物につくカビと比べ、洋服につくカビは、なかなか目に見えにくいモノだと言われています。

そのため、私たちが目で確認できるほどのカビがついてしまったときには、かなり奥まで根を張った、頑丈なカビになっていることも多いのです💧

クリーニングに出せば、カビ取りをしてくれることもありますが、洋服の素材や色によっては、元の状態に戻せない場合もあるそうです。

大事な洋服が、カビのせいで着れなくなってしまうのはイヤですよね💧

そのため、ついてしまったカビをどうするか?よりも、まずは

カビを発生させない、繁殖させない

ということがとっても大事なんです!

除湿剤を置いたり、コマメに換気をしたり…

「なんだかちょっとめんどくさいかも…」

と思う方もいるかもしれませんが、カビが発生した時の

  • クリーニング代
  • 洋服を買い直す代金

などを考えると、カビ対策をちゃんとしておいたほうが確実にオトクですよね💡

ぜひ皆さんもカビ対策をして、大事な洋服を守ってあげて下さいね(*´ω`*)