整理整頓・掃除

冷蔵庫にも入るから安心!色もバラバラな油・調味料を、セリアのオイルボトルで統一してみた。

こんにちは、えりです(/・ω・)/!

最近、生活用品の「モノトーン化」にすっかりハマっております。

先日は、ウェットティッシュや洗剤容器をモノトーン化しました。

【モノトーン】100円ショップにあるもので、ウエットティッシュケースがおしゃれに変身!

かなり統一感も出て、生活感もあまり出なくなったので大満足です💕

ちなみに今回は、油や調味料のボトルをモノトーン化してみることにしました!

油や醤油、料理酒のボトルは、形やパッケージの色も様々なので、統一感もないし生活感も出まくりですよね…。

では早速、モノトーン化に取り掛かりたいと思います

<スポンサーリンク>

セリアのオイルボトル(250ml)がオススメ!

以前から、オイルボトルに詰め替えてはいたんですが、今回は100円ショップ・セリアのオイルボトルに変更することにしました💡

ちなみに以前は、Francfranc(フランフラン)のオイルボトルを使っていました。

細長いガラス製のオイルボトルなんですが、見た目はかなりオシャレ。

キッチンに出しておいても、なんだかカフェみたいでオシャレですよね

ただ実際に使ってみたところ、

  • 細長いから、倒しそうになってしまう
  • ガラス製だから、倒れた時に割れる心配がある
  • オイルを詰め替えると、ヌメリのせいで密閉部分が外れる

などの不満点がありました。

一番困ったのは、オイルに油を入れて使っていると、油のヌメリのせいでフタが外れてしまったこと💧

私はいつも注ぎ口部分を持ってボトルを持ち上げていたので、持ち上げた瞬間にフタが外れてごま油をこぼしてしまったことがありました。

また、このボトルは「密閉できる」というのが一つのセールスポイントだったのですが、ヌメっているせいで密閉ができない…。

1本500円程度と、Francfrancにしては安かったんですが、使い心地は良くなかったです…⚡

そこで、セリアで売っているボトルに変更することにしたんです。

セリアのオイルボトルは、もちろん1本108円とかなり安い!!

なおかつ、プラスチック製なので落としてボトルが割れてしまう心配もありません。

さらに、そこまで高さもないので、冷蔵庫に入れて保存することもできます。

油や調味料は、冷蔵庫に入れることが必須ではありませんが、鮮度を考えると開封後は冷蔵庫に入れて保存したかったので、この高さはピッタリだなぁと思いました

色は、フタ部分が黒と白の2種類あったので、

  • 黒…オイル類
  • 白…調味料類

と分けることにしました。

セリアの転写シールで、オシャレにラベリングも◎

そのままオイルボトルに移し替えただけでは、なんの調味料か分からなくなってしまうので、ラベリングするのがオススメです✨

今回使用したのは、セリアで購入したアルファベットの転写シール。

この転写シール、何回もこのブログに登場しているので、今までの記事を読んでくださった方は、

「この人、セリアの転写シール大好き人間だな~」

と思ってしまうかもしれないですね。(笑)

ちなみにいつもはフォントサイズが大きめのシールを使っていましたが、今回はボトルの大きさに合わせて写真右の小さめのシールを使いました。

セリアの転写シールは、フォントの色が黒と白から選べるので、

  • ボトルが黒…転写シールは白
  • ボトルが白…転写シールは黒

にして貼ってみました✨

ラベリングは、もちろん英語表記の方がオシャレ度はあがります。

例えばゴマ油だったら、「Goma abura」より「Sesami oil」の方がオシャレです(●´ω`●)

ただ、みりんや料理酒は英語表記にすると分かりにくかったので、「Mirin」「Sake」にしてしまいました💦

<スポンサーリンク>

可愛くてオシャレな、調味料ボトルができた~!!

せっせと転写シールを貼り、ボトルに調味料を移し替えると…

調味料がオシャレになった~!!!

手書きで「しょうゆ」「酒」などと書いてしまうと、それも生活感が出てしまいますが、転写シールを使ったことで元からそういうボトルみたいになってる💕

オシャレな雑貨屋さんで、1本500円位で売れないかなぁ…メルカリで売ろうかな(。-`ω-)笑

…というのは冗談ですが、100円ショップの商品だけでこんなに可愛くなるとは思いませんでした!

めちゃくちゃ可愛いのでお気に入りです💕

手に持ってみるとこんな感じ。

また注ぎ口も、少量ずつ出るように工夫されているので、「調味料や油を入れすぎた!」という失敗も少ないと思います

白のボトルだとこんな感じです。

可愛くてオシャレで安い…かなり大満足なボトルになった!

というワケで今回は、7種類の油・調味料のボトルをモノトーン化することができました~✨

かかった総額は、転写シール代を入れても約1,000円!!!

雑貨屋さんで購入すると、安くても1本500円程度。

高いと1本1,500円位しますからね…7本も揃えられません( ;∀;)

ちなみに、今回は転写シールを使ってラベリングしましたが、転写シールは普通のシールと異なり、専用の棒でこすりながら貼らないといけないので

「転写シール貼るのめんどくさい!もっと簡単にラベリングしたい~!」

という方には、市販のラベリングシールもオススメです

「Shirokuro」というお店のラベリングシールは、お店の名前の通りモノトーン雑貨向けのデザインなんです!

普通のシールと同様にそのままペタッと貼ることができ、耐水加工もされているので、キッチン用品にはピッタリだと思います💕

生活用品のモノトーン化…かなり可愛いので、ぜひ参考にしていただけると嬉しいです

生活用品は、モノトーンで揃えよう♡

シンプルでカワイイ!重曹や漂白剤などの粉系洗剤は、透明ビンに移し替えるのがオススメ★

【モノトーン】100円ショップにあるもので、ウエットティッシュケースがおしゃれに変身!