整理整頓・掃除

お肉の冷凍保存にはファイルがピッタリ!「立てる収納」でスッキリした冷凍庫に

節約サイトや節約情報誌を読むと、必ずと言っていいほど

「お肉はまとめて買い、小分けにして冷凍しよう!」

ということが書いてありますよね。

ただ、小分けしたお肉を冷凍保存したとき、

「これ、なんのお肉だっけ…?」

と分からなくなってしまったことはありませんか?

また、ラップに包まれた冷凍お肉があふれてしまい、冷凍庫内がグチャグチャに…なんてことも💦

そんな方にオススメしたいのが、「立てる収納」

ファイルを使ってお肉を立てて収納することで、冷凍庫内がとてもスッキリするんです💕

早速、ご紹介したいと思います(/・ω・)/

<スポンサーリンク>

用意するものは、B5サイズの収納ファイル!

今回、「立てる収納」に必要なのが、書類収納ファイル

私は100円ショップのダイソーで購入しました。

「すっきり書類収納ファイル B5ワイド」という商品です💡

ワイドタイプなので、厚さも4.3センチあります。

これなら、お肉もたくさん収納できそうですよね(*´ω`*)

ちなみに、サイズはB5がオススメです!

同じデザインでA4サイズのファイルもありますが、そちらだと大きすぎて冷凍庫が閉まらなくなる可能性があります💦

ファイルを入れても冷凍庫が閉まるかどうか、事前に確認してみて下さいね。

冷凍庫の深さが21センチ以上あれば、B5サイズのファイルは入るかと思います

ラベルを貼ろう!スッキリさせたいならテプラがオススメ!

次に、ファイルに「もも肉」「むね肉」などのラベルを貼っていきます。

このラベルを貼ることにより、冷凍庫を開けたときになんのお肉かがパッとわかるので便利です💡

今回は、「鶏もも肉」「鶏むね肉」「豚小間」「豚ももスライス」の4種類を作りました。

ファイルの色は、ブルーとピンクがあったので

  • 鶏肉⇒ピンク
  • 豚肉⇒ブルー

と、色も分けてみました

ちなみに今回は、テプラを使ってラベルを作ってみました。

もちろんラベルは手書きでも大丈夫ですが、統一感やスッキリ感を出したいなら、テプラを使うのもオススメです

私は「TEPRA PRO SR-150」で、12ミリのシールを使っています。

お肉のラベルだけでなく、家の中のいろんな収納ラベルを作ることができるので、一台あると便利です💡

ファイルの厚みに合わせて、小分けしたお肉を収納しよう

ラベルを貼ったら、小分けしたお肉を収納していきます。

無駄なくお肉が収納できるように、ファイルの厚みに合わせて、お肉を小分けにしていくのがオススメです

うまく収納ができれば、お肉1キロ程はファイルに収納できるかと思います。

全部収納ができたので、実際に冷凍庫にしまってみました(/・ω・)/!

スッキリしていい感じ~!

ゴチャゴチャしがちな冷蔵庫内が、ファイルで収納するだけでとてもスッキリした印象になりました💕

<スポンサーリンク>

「立てる収納」でスッキリした冷蔵庫にしよう!

いかがでしたか?

重ねて収納してしまうと、

「鶏肉ってどれだっけ~?」

「一番下だから全部どかさなきゃ…」

と、毎回大変になってしまいますよね…。

でも、立てて収納すると、開けた時にお肉の名前がすぐに分かるので嬉しいですよね💕

また、解凍するお肉を間違えるというミスもなくなります。

私自身、冷凍したお肉がなんの肉なのか分からなくなって、いざ解凍してみると

「これ、豚もも肉かと思ったら小間切れだった~…」

ということが何度があったんです💦

でも、こうやってラベルで分かるようにしたおかげで、そんなミスもなくなりました。

もちろん、「立てる収納」ということで高さを利用しているので、冷凍庫の空間を有効活用することもできるんです💡

ぜひ皆さんも、ファイルを使って「立てる収納」に挑戦してみて下さいね(*´ω`*)

掃除や収納なら、こんな記事もオススメ◎

>>タオルは色と大きさを揃えるとオシャレ!気持ちもスッキリして統一感のある部屋に

100円ショップには、他にもいろんなオススメ商品があるよ!

>>【女子向け】100円ショップマニアの私がオススメする!ダイソーのオススメ商品たち

>>ダイソーの「桃の木櫛」でつげ櫛を作ろう!とかすだけでサラサラ&ツヤツヤの美髪へチェンジ!