家事

共働き夫婦が家事をこなすコツ。完璧を求めるのではなく、最低限の家事を終わらせるようにしよう!

「共働きだから時間がない…家事が全然終わらない…」

忙しい日々の中で、そんな悩みを抱えていませんか?

 

仕事に行くだけでも疲れるのに、その上家事なんて…「身体が一つじゃ足りない!」なんて思いますよね💦

 

 

共働き夫婦の場合、家事をうまくこなしていくには、ちょっとしたコツや考え方が必要です。

 

ただでさえ時間も体力も余っていない中、

「大変だけど、気合と根性で乗り越えるぞ!」

なんて考えで臨んでしまうと、すぐに身体を壊してしまいます(;´・ω・)

 

そこで今回は、共働き夫婦が知っておきたい、「家事を上手にこなすコツ」をご紹介します✨

<スポンサーリンク>


「やらない家事」を決め、色んなサービスを活用しよう

仕事と家事を両立するために大切なことは、「やらない家事」をつくること。

仕事と家事、どちらも完璧にこなそうとすると、必然的に睡眠時間を減らすことになります。

 

でも、睡眠時間を減らすと、

「頭が回らなくて、仕事の内容が入ってこない…」

「ご飯を作らなきゃいけないのに、身体がだるい…」

と、翌日以降の身体に悪影響を及ぼします。

 

 

家事のせいで睡眠時間が減り、身体を壊して退職…なんてことになったら、本末転倒ですよね💦

 

 

だからこそ、仕事と家事を続けていくためにも、「やらない家事」をつくり、睡眠時間を優先することが大切なのです。

 

 

今は便利な世の中ですから、時間がないのなら、

  • 買い物する時間がない…ネットスーパー
  • 料理をする時間がない…ミールキット
  • 掃除をする時間がない…家事代行サービス

と、できない家事を他の人にお願いすることができます。

ネットスーパーで、「買い物する時間」を減らす

ネットスーパーは、パソコンやスマホから欲しい食材・日用品を注文すると、当日に配達してくれるサービス。

配達時間を指定できるので、帰宅時間に合わせて食材が届くようにすることができます。

 

 

買い物は意外と時間がかかるので、ネットスーパーで買い物時間をなくしましょう💡

朝冷蔵庫を確認して、通勤途中や昼休みの間に注文すると、より時間を有効活用できるのでおすすめです(*´ω`*)

 

「ミールキット」で、献立に迷う時間と料理する時間を減らす

「ミールキット」とは、「キットOisix」のように材料が下処理されている食材キット。

1回20分以内で料理が完成するので、料理の時間を短縮することができます。

 

料理をする時間だけじゃなく、献立を考える時間もなくなるので、かなり負担が軽くなります。

私も忙しい時は「キットOisix」を活用していますが、野菜がたっぷり入ったメニューが多いので、惣菜を買うより栄養が摂れて満足しています✨

 

 

「家事代行サービス」で、掃除の時間を減らす

家事代行サービスは、1時間2,000円程度で家事を代わりにしてくれるサービス。

今までの「お手伝いさん」とは違い、数時間だけ頼むことができるので、働く主婦の間で人気のサービスになっています。

 

例えば「CaSy」では、1時間あたり2,190円~2,500円で掃除や料理の代行をお願いすることができます。

※掃除代行は一回2時間以上、料理代行は一回3時間以上の利用が必要

 

 

二週間に1回、2時間の掃除代行をお願いすると、月々10,560円(2,290円×4時間分+700円×2【交通費】)

月々1万円程度で、家族と過ごす時間を4時間も増やすことができます。

 

 

しかも彼女たちは「掃除のプロ」なので、手際よくパパッと掃除を終わらせてくれます。

私なら1時間かかる掃除が、彼女たちは30分で終わる…なんてこともあるんですよ( ;∀;)

 

 

私たちが8時間かかる掃除を、たった4時間で終わらせてくれたら…。

家事代行を4時間しか頼まなくても、実際に家族と過ごす時間は8時間分増えることになります。

 

なので、掃除が苦手な方は特に、家事代行サービスに頼むことで「家族の時間」を沢山増やすことができますよ✨

「Casy」の料金表を見てみる(公式サイト)

洗濯は週末に。平日は、毎日するべき家事だけすれば大丈夫

”家事”と一括りにしてみても、「毎日やるべき家事」「週末にまとめても平気な家事」など、家事にも色んな種類があります。

 

共働きで忙しい夫婦が、平日に最低限終わらせるべき家事は、「毎日するべき家事」「曜日が決まっている家事」だけです。

 

「毎日するべき家事」「曜日が決まっている家事」は、

  • お弁当やご飯作り(毎日)
  • 食器やお弁当箱の後片付け(毎日)
  • ゴミ捨て(曜日)

位です。

 

 

他の家事は、平日にできなくても問題ありません。

 

 

特に洗濯は、平日に全くできなくてもいいんです。

替えのタオルや下着があれば、週末にまとめて洗濯しても大丈夫ですよね💡

 

 

ちなみに私も、平日一度も洗濯できなくてもいいように、1週間分の下着とタオルは用意しています。

 

 

フェイスタオルだけで30枚程ありますが、平日ちょっと具合が悪くなった時、

「別にタオルも下着もあるからいいや!洗濯はしないで、今日は早めに寝よう」

と、自分の睡眠時間を優先できています(*´ω`*)

 

 

 

「毎日するべき家事」をリストアップしたら、平日はそれだけすればオッケーです。

 

「洗濯も溜まってるし、掃除機もかけなきゃ…」

という気持ちは一旦捨てて、自分の睡眠時間を優先しましょう✨

 

夫に家事を手伝ってもらおう。手伝わせるための一工夫が大切

共働き家庭の場合、旦那さんが協力してくれるかどうかが、かなり重要なポイントになります。

 

 

ただ、手伝ってほしい気持ちは山々だけど、

「全然手伝ってくれないし、手伝ってくれても要領が悪くて…」

と、思うように夫が手伝ってくれない…と悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

 

そんな方は、”手伝ってもらうための一工夫”をすることが大切です💡

 

 

というのも、家事を手伝ってくれない理由として、

「どうやって家事をしたらいいのかが分からない…」

と思っている旦那さんが意外と多いんです。

 

 

例えば、「洗濯すら回してくれない!」という旦那さんの場合、

「どの位洗剤入れたらいいのか、どのコースにしたらいいのかがわからない…」

という気持ちから、洗濯を手伝うことが億劫になっている可能性があります。

 

 

その場合は、洗濯機のそばに「洗濯の回し方」を常に貼っておくようにします。

私の絵心のなさが、かなり表れていますが…(笑)

 

分かりやすい表を作っておくことで、「それなら自分にもできるかも…」と、意外と手伝ってくれる旦那さんも多いですよ(*´ω`*)

 

  • 家事の手伝い方説明書を作る
  • 旦那さんでも迷わずできる家事を手伝ってもらう

など、旦那さんの「分からない」をなくすことで、”協力的な夫”に一歩近づいてもらうことができます✨

 

<スポンサーリンク>

平日の家事は60点で大丈夫。毎日100点満点を目指すのはやめよう

仕事と家事を両立するために一番重要なことは、100点満点を目指さないこと。

 

一から十までキッチリ家事をしようとすると、膨大な時間がかかります。

仕事をしている以上、「家事をする時間が足りない」と悩むのは当然です。

 

 

それなのに、毎日100点満点の家事を追求したら…きっと、心も身体も壊れてしまいます。

 

だから、平日の家事は60点位でいいんです。

残りの40点は、週末や暇な平日に終わらせて、上手く帳尻合わせをすれば大丈夫✨

 

 

「毎日、ちゃんとバランスの良いごはんを作らなきゃ!」

という気持ちも痛いほどわかりますが、たまに行くファミレスも案外楽しいですよ(*´ω`*)

 

ぜひ、

「100点満点は目指さない」

を合言葉に、気楽さを忘れないで下さいね。

 

参考になったら嬉しいです、最後まで読んでいただきありがとうございました✨

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018