快適な暮らし

【口コミで話題】GLOBAL(グローバル)の包丁がオススメ!切れ味抜群で料理の時間も短縮できる!

主婦の皆さん、普段どんな包丁を使っていますか?

私は今まで包丁にこだわったことはなく、カタログギフトでもらった3本セットの包丁を使っていました。

恐らく1本1,000円程度の包丁だと思うんですが、切れ味はイマイチ…💧

お肉は、何度もグイグイ押したり引いたりして、やっと切ることができます。

また、じゃがいもや人参などの硬めの野菜は力をグッと入れないと切れないので、すべって手を切ってしまうんじゃないかといつも怯えています…。

正直今までは、

「食材が硬いから仕方ないよね。包丁をかえたって変わらないよ…」

と思ってあきらめていました。

しかし、実際に口コミで話題のGLOBAL(グローバル)というところの包丁に変えてみたところ、ビックリするほどよく切れる!!

今回は、実際にGLOBALの包丁を試してみたので、早速レポートしたいと思います(*´ω`*)

<スポンサーリンク>

これが切れ味抜群で話題の「GLOBAL(グローバル)」の包丁だ!!

これが、口コミで話題のGLOBALの三徳包丁です。

包丁を手に持っている写真は、なんだか物騒ですね…💧

ちなみに柄と刃が一体になっている、オールステンレスタイプ

見た目もシャープでかっこよく、持っているだけでなんだか料理上手になったように思えてきます。(笑)

価格も8,000円(税抜き)と、普段使っている包丁との価格差はおよそ8倍!!

100円ショップでも包丁が手に入れられる時代に、わざわざ8,000円の包丁を買うメリットはあるんでしょうか…?

実際に持ってみると、いつも使っていた包丁に比べると、少しばかりグローバルの包丁の方が重いようです。

早速、どのくらい重さに差があるのかを調べてみました。

まずはいつもつかっている包丁から。

こちらは135グラム。特に柄の部分が軽いです。

それに対し、グローバルの包丁は178グラム。

先ほどの包丁と比べると、グローバルの包丁の方が40グラムほど重めですね。

ちなみにグローバルの包丁は、刃よりも柄の部分のほうがずっしりと重みがあります。

ここまで読んだ方は、

「包丁は、軽いほうが持ちやすいし使いやすいんじゃないの…?」

と思ってしまう方も多いと思います💦

しかし、この重さこそが食材をスパッとカンタンにカットするために大切なのです。

今回は実際に、野菜を切って比べてみたいと思います。

実際に切り比べてみた。違いは歴然!GLOBALの勝利!

今回は、ピーマンを縦に切ってみることにしました。

まずはいつも使っている1,000円程の包丁から。

ピーマン自体は硬い野菜ではないので、力がたくさん必要というワケではないですが、刃を入れようとしたときにピーマンが潰れてしまっているのが分かります。

また、ただ引いただけでは完全にカットされないので、何回か押したり引いたりしてやっとカットすることができました💧

次に、グローバルの包丁を使ってピーマンを切ってみます。

早速包丁の刃をおろしてみると…

あれ?!同じものを切ってるとは思えない!

「本当にさっきと同じモノを切っているの?」

と疑いたくなってしまうほど、グローバルの包丁を使うとカンタンに切ることができました。

包丁の重みで、ストンッと包丁がおりていくのと同時に勝手にモノが切れていく感覚でしょうか。

ただ包丁を握っているだけ。手や腕に力を入れたワケじゃないのに、包丁をおろし、スーッと一度包丁を引くだけで完全にピーマンをカットすることができました。

また、写真で比べても一目瞭然かと思いますが、一枚目の写真では包丁がピーマンを押しつぶしてしまっているのに対し、2枚目のグローバルの包丁を使った写真では、ピーマンを潰すことなく綺麗に刃を入れられていることがわかると思います。

適度な重さがあるからこそ、余計な力を入れないで済む◎!

両者を比べてみてわかったことは、一般的な包丁の重心が刃の部分であるのに対して、グローバルの包丁は柄の部分が一番重いということです。

一般的な包丁は刃の部分が重心、すなわち刃よりも柄の部分の方が軽いため、自分の手や腕の力で柄を下におろさなければなりません。

それに対し、グローバルの包丁は元々柄の部分の方が刃よりも重くなっているので、わざわざ余計な力を入れなくても柄の部分が勝手に重力で下におりようとします。

そのため、包丁にかかる重力が、食材を切ることをサポートしてくれるため、一般的な包丁よりも力を入れずにカットすることができました。

また、一般的な包丁より重いとはいっても、たった40グラムの差なので、握っているのが辛くなるほどの重さではありません。

食材を切るために必要な力がだいぶ軽減されるので、40グラム重いことを考慮に入れたとしても、圧倒的にグローバルの包丁の方が疲れにくく、使いやすかったです

さらに、ピーマン以外にもお肉や野菜など、様々な食材を切ってみましたが、一番感動したのはお肉がカンタンにカットできたこと。

特に皮つきの鶏もも肉などは、お肉が切れても皮が切れず、どんどんお肉と皮がはがれてしまってバラバラになってしまったり、柔らかいお肉だとグニャグニャして、なかなか包丁の刃が入っていかなかったんですが、グローバルの包丁なら、包丁をおろすだけで楽々カットすることができました。

もう一度この感覚を手に入れてしまったら、1,000円の包丁には戻れないと思います…💦

そのくらい、一般的な包丁とは比べ物にならない位切れ味のイイ包丁です。

家事の時短にもつながる!グローバルの包丁で快適な料理時間を手に入れよう◎

確かにグローバルの包丁は、一般的な包丁に比べると少し重くはなりますが、必要な手の力は一般的は包丁の半分以下!

何枚も重ねたお肉や硬い野菜、ちょっと力を入れると潰れてしまう野菜などが、一度包丁を下ろしただけでスッと綺麗にカットできるととても気持ちいいです◎

また、いつも週末にお肉をまとめ買いして、一口大にカットして冷凍したりしていたんですが、カットする時間がだいぶ短縮できたので、家事の時短にもつなげることができました。

「料理がめんどくさい~!やりたくない!!」

と思っている方も、ここまでスパッと切れ味抜群の包丁を使ったら、料理も好きになっちゃうかもしれませんね💛

是非Amazonなどでカンタンに購入することができるので、今使っている包丁に不満がある方はぜひ参考にしてみてくださいね。