娯楽費の節約

タダで最新映画が観られる!試写会に参加するメリットとデメリット

こんにちは、えりです(/・ω・)/!

最近、映画の試写会に行くのにハマっています。

 

運よく、ここ3ヶ月位連続で試写会の招待に当選できたんです💕

何回か試写会に参加してみたところ、試写会には様々なメリット・デメリットがあることがわかりました。

 

というワケで今回は、参加する前に知っておきたい、試写会に関するメリット・デメリットをご紹介したいと思います!

  • タダで映画を観たい方
  • 映画が好きな方

は、参考にしていただけると嬉しいです✨

<スポンサーリンク>

試写会では、最新映画を公開日前にいち早くみることができる!

映画の試写会では、一般公開日より数週間前に、無料で映画を観ることができます。

 

「なんで、無料で映画が観られるの?」

と思う方も多いかと思いますが、その目的は「宣伝」

 

試写会を観た方たちが、

「この映画すっごくよかった~!」

と口コミなどで広めてくれることにより、観客動員数を上げるという狙いがあるのです。

 

そのため、試写会に招待する代わりに、その映画を観た感想や口コミを投稿するという条件がついている試写会が多いです。

 

もちろん、無料で最新映画が観られるということもあり、どの試写会も当選確率は低いです。

特に、映画に出演したキャストが登場する「完成披露試写会」「特別試写会」(※)は、一般試写会に比べて倍率がグッと上がります。

 

「色んな映画を観たい!」「タダで映画が観たい!」

という方は、一般試写会への応募に狙いを定めていった方がいいと思います💡

(※)「特別試写会」「完成披露試写会」という名前のついた試写会全てに、キャストが登場するわけではありません。

試写会に行ってみてわかった!試写会で映画を観るメリット★

1、通常1,800円⇒無料で観られるから、節約になる!

試写会に行く最大のメリットは、なんといっても無料で映画を観られること。

 

通常、映画館で映画を観ようとすると、大人一人1,800円かかります。

試写会は、通常一枚の招待券で大人2名まで観ることができるので、最大3,600円の節約になります。

 

月1回映画に観に行く方は、それを試写会にかえるだけで年間21,600円もの節約に!

 

確かに、試写会の当選倍率はどれも高いです💧

でも、基本的にどの映画も試写会イベントは行っているので、コツコツ応募していけばすぐに当たると思います。

2、観る映画のジャンルや幅が広がる

実は私、そこまで「映画が大好き!」というワケじゃないんです。

 

「この映画、どうしても映画館で観たい![/voice]

と思う映画じゃない限り、映画館に行って映画は観ません。

 

「ちょっと観てみたいな~」位の映画に、1,800円もかけるのはもったいないと思ってしまうんです💦

 

その点、試写会は無料で映画を観ることができます。

 

無料で映画が観られるんだったら、

「普段なら観に行かないけど、試写会なら行ってみるか~!」

と、色んなジャンルの映画に挑戦することができました✨

 

試写会に参加しなかったら、きっと一生観なかったであろう映画にたくさん出会いました。

 

はじめは、「お金を払っても観たい!」とは思えない映画でも、実際に観てみると、

 

「とっても面白かった!これならお金を払ってもみたい映画だ!」

 

と思えるような映画もたくさんありました。

 

試写会に参加し始めたことにより、映画館で映画を観るのが好きになった気がします。

好きなことが増えるのって、とてもワクワクしていいですよね(*´ω`*)

映画館よりは劣るかも…試写会に行くデメリット

平日開催が多い。会社員にはキツイかも?

試写会は、平日の夜に開催されることが多いです。

大体、18時半から受付を開始し、18時半~19時に上映開始…というところがほとんどです。

 

そもそも試写会は、映画本編を全部観てもらうことを目的としています。

なので、途中入場することができないんです( ;∀;)

 

平日開催の試写会の場合は、平日の18時過ぎに、必ず上映会場に行けることが条件となります。

 

「仕事でちょっと遅れちゃった…15分位遅刻しちゃいそう…」

という時も、遅れて会場に入ることは一切できないので、

「残業は一切ナシ!いつも17時半に仕事は上がれるよ!」

という方でない限り、会社員の方が試写会に行くのは難しいかもしれません。

座席は基本先着順。観にくい座席になってしまうことも!

普通の映画館であれば、いまはどこも座席指定制なので、チケットを買う時に座席も決められますよね。

 

「映画を観るときは、絶対に中央の列の真ん中で観たい!」

「首が疲れるから、画面に近い席はイヤ!」

など、映画の座席にもいろいろと好みがある方もいるかと思います。

 

この点、試写会の座席は基本先着順です。

会場に着いた時間によって、画面に近すぎる席や画面を観にくい席になってしまうこともあります。

 

なので、席にこだわりがある方は、試写会には向かないかもしれません…(;´・ω・)

 

映画館で観るワケじゃない!音響は映画館の設備には劣る?

試写会は、基本的に映画館では上映されません。

普段はショーやコンサートをしているような多目的ホールを使って、映画が上映されます。

 

そのため、通常の映画館よりは狭く、画面も小さいです💧

なおかつ、映画館のような音響設備があるワケではないので、音響や映像の質は、映画館で観るよりも劣ります。

 

私自身はそこまで気になりませんが、普段から映画館に行く方は、

「画面も小さいし、画質も悪いな…」

「いつも観てる映画館より、音響の質も悪いな…」

などと気になってしまう方もいるかもしれません。

 

特に今は、「IMAX」(※)のように音響や映像にこだわった映画館が多いので、

「この映画は、最高の音響と画質で観たい!」

と思う映画は、ちゃんとした映画館で観た方がいいかもしれません。

※IMAXとは、音響・映像・空間などを最高水準まで高めた、最新のプレミアムシアターです。

従来の映画よりも、より臨場感を感じることができます。

<スポンサーリンク>

試写会で映画を観よう!試写会に応募できるサイトはこちら★

私自身は、元々大好きな作品が映画化されたとき、

「この映画、どうしても観たい!」

と思うような映画は映画館、それ以外の作品は試写会に応募するようにしています。

 

仮に、試写会で観た映画がつまらなかったとしても、

「1,800円も払ったのに…観て損した!!」

と思うこともなく、

「この映画は視点が独特だな~、珍しいな~」

などと、一歩引いて映画を観ることができるからです。

 

今のところ、試写会に行かなきゃよかった!と思ったことはありません✨

 

試写会の募集は、

などのサイトだと、随時試写会の募集を行っています。

 

皆さんも試写会に行って、無料で色んな映画を観てみませんか(*´ω`*)?

参考になったら嬉しいです、最後まで読んでいただきありがとうございました