貯金

「貯金の目的」は決めなきゃダメ?目的と目標額を決めるだけで、貯金が続けやすくなる理由

「学費を貯めて、老後の資金も貯めなきゃ…年金はあてにできないし」

人生のステージが進むほど、お金ってどんどん必要になりますよね。

 

「貯金をしなきゃいけないんだけど、なかなか続けられなくて…」

と、悩んでいる方も多いはず。

 

 

そんな方はまず、貯金の目的を決めるところから始めてみませんか?

実は、「万が一のため」と貯金するより、目的と目標額を決めた方が貯金を続けやすくなるんです✨

 

というわけで今回は、貯金の目的を決めるべき理由をお伝えします(*´ω`*)

<スポンサーリンク>

貯金の目的を決めるべき3つの理由

1、モチベーションを維持できるから

貯金は、「万が一のために」というフワッとした目標よりも、具体的な方がモチベーションの維持に繋がります。

 

貯金は長いマラソンのようなものなので、”モチベーションの維持”が何よりも大事。

 

 

仮に「万が一のため」という貯金を始めて、1年後も2年後も、

「万が一のために、ガッツリ貯金するぞ~!」

というモチベーションを保ち続けられるでしょうか?

 

そもそも、来るかどうかもわからない「万が一の時」に備えて貯金を続けるのは、相当ストイックな方じゃない限り難しいです(;´・ω・)

 

 

どんな目的でも構いません。

 

「奨学金を借りなくても、大学の学費を出してあげたい!」

など、これだったら頑張れる!と思える目的を一つ決めてみましょう(●´ω`●)

2、「貯金」を目的にすると、お金を使うことがストレスになるから

目的のない貯金には、「目標額」というゴールがありません。

 

ゴールのない貯金生活の中で、少しでもモチベーションを維持しようとすると、

「通帳に記載される残高が、どんどん増えていくのが嬉しい」

なんてところに、楽しみを見いだす人も多いはず。

 

 

もちろん、辛い貯金生活の中でも、”楽しみ”を見つけることは素晴らしいことです。

 

 

でも、それがだんだんエスカレートすると、「残高を増やすこと」が貯金の目的となり、残高を減らすこと…つまり”お金を使うこと”がストレスになります。

 

 

私たちは、お金がないと生きていけません。

家に住むのも、毎日ご飯を食べるのにもお金がかかります。

 

だから、お金を使うことがストレスになると、毎日がストレスの連続になるのです。

 

決して無駄遣いではないのに、

「スーパーでこんなに買い物しちゃった…貯金しなきゃいけないのに…」

と、どんどん”お金を使う自分”を責めるように…。

 

 

そうならないためにも、あらかじめ貯金の目的を決めて、

「お金を使うこと=悪いこと」

と思わないようにすることが必要なのです💡

<スポンサーリンク>

3、その目的にあった貯金方法を見つけやすくなるから

貯金の目的は、十人十色。

 

「子供が生まれたから、大学までの学費を貯めたい」

という家庭もあれば、

「子供に迷惑かけないように、老後の費用を貯めたい」

という家庭もありますよね。

 

貯金の目的が違えば、

  • 貯金すべき額
  • いつまでに必要なのか?

という点も、全て異なります。

 

 

仮に、35歳の夫婦が

「65歳までに、老後の資金を貯めたい」

という目的で貯金をする場合、65歳になるまで30年あります。

 

そしたら、貯金の一部を「じぶんの積立」で積み立てるという方法もあります。

 

明治安田生命の「じぶんの積立」は、一定額払い込むと、満期時に返戻率が103%になる積立型保険です。(払い込み期間5年、10年満期)

いつ解約しても、手数料・違約金は一切かからないので、リスクはほぼありません。

 

逆に、7年以上継続しないと返戻率が100%以上にならないため、

「5年後が大学受験だから、それまでにお金が必要」

などという方には向きませんが…(;´・ω・)

 

 

でもそんな風に、「貯金の目的」が分かると、必要な時期も明確になるため、自分たちに合った貯金方法を見つけやすくなるんです✨

 

貯金は、具体的な目標額を決めてから始めよう

貯金を始める時は、目的と一緒に目標額を決めることも大切です。

実は、「万が一のための貯金」というゴールが見えない貯金ほど、途中で挫折しやすいんです。

 

 

例えば、”初めての場所”への往復で、

「行きは遠く感じたのに、帰りはとっても近く感じた!」

なんて経験がありませんか?

 

 

行きと同じ距離なのに、帰りはなぜ「近い」と感じるのでしょうか?

 

それは、帰りはあらかじめ「ゴール」がわかっているからです。

 

初めての場所に行く時は、

「あのどのくらい歩くんだろう?」

「あと何分で着くんだろう?」

と、ゴールがわからないまま進みます。

 

終わりが見えないから、あらかじめゴールが分かっている”帰り”の時よりも疲れるし、遠く感じてしまうのです。

 

 

それは貯金も同じで、ゴールの見えない貯金ほど、とっても辛く・長く感じます。

 

貯金というのは、1日や2日で終わるものではありません。

長い道のりになるからこそ、途中で挫折しないためにも、最初に「目標額」というゴールを決めることが大切なのです。

 

「老後のために貯金する」

などという目的の時は、老後にいくら必要なのかを調べた上で、

「65歳までに、○○万円貯金する」

などと目標額を具体的に決めるといいですね(*´ω`*)

<スポンサーリンク>

【重要】貯金を始める前に、知っておきたいこと

貯金を始める前に知っておきたいこと…それは、お金の知識です。

 

なぜなら、お金の知識がないまま貯金を始めると、すぐに挫折してしまうから。

 

例えばダイエットの場合、「食事をしないこと」が痩せられる唯一の方法ではないですよね。

運動やマッサージなど、3食食べても痩せる方法はたくさんあります。

 

 

でも、なんの知識もないままダイエットを始めようとすると、

「とりあえず明日からご飯抜き!カロリー0ゼリーだけ食べよ!」

などという間違った方法を取りがちなので、すぐに挫折してしまうのです。

 

 

それと一緒で、貯金も「お金を使わないこと」が、お金を貯められる唯一の方法ではありません。

 

お金の知識を持っていれば、

「今月はこれ以上使わない!外食も一切行かない!」

なんて我慢大会を続けなくても、着実にお金を貯められるのです。

 

 

「お金の知識」といっても、そんなに難しい勉強が必要なのではありません。

ちなみに私は、ファイナンシャルアカデミーが主催している「お金の教養講座」で勉強しました。

 

無料&土日の受講もOKだったので、夫婦でお出かけついでに受講してきましたよ~!

 

もちろん、私のブログでも色んな貯金方法を紹介しているので、色々読んでいただけると嬉しいです(*´ω`*)

「節約・貯金」記事一覧を見てみる

 

参考になったら嬉しいです、最後まで読んでいただきありがとうございました✨

ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」の公式サイトを見てみる

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018