お出かけスポット

【都内はここだけ!】スマートボールができる浅草・三松館は、レトロ感が溢れる大人の遊び場

皆さん、スマートボールというゲームは知っていますか?

ボールを弾いて穴に入れて遊ぶ遊技機なんですが、パチンコが出回る前の昭和30年代ごろに流行っていたモノなんだとか。

しかし、その後パチンコが流行ったことにより、スマートボールは衰退。

修理できる人も少なくなってしまい、スマートボールができるのは、都内で唯一、浅草の「三松館」だけだそうです。

今回は、そんな浅草の三松館でスマートボールをしてきました!

浅草に行かれる予定のある方はぜひ参考にしてみてくださいね(*´ω`*)

<スポンサーリンク>


三松館の営業日は土日祝だけ!店内もどこか懐かしい雰囲気

三松館は、浅草駅から徒歩10分程。

浅草メンチのある伝法院通りを歩いていき、ウィンズ浅草の向かいにあります。

>>【食べ歩き】絶対に美味しい!浅草の絶対に食べておくべきオススメグルメ6選

道路もキレイ、他の建物もキレイで新しいモノばかりなんですが、ここ三松館だけはどこか昭和の懐かしい雰囲気が漂ってきます。

訪れたのは祝日の午後5時ごろ。なんと営業日は、土日祝日のみだそうです。

平日に行かなくてよかった…。

実際に店内に入ってみると、お客さんはチラホラいる様子でした。

お客さんの年齢層は本当に幅広く、小さいお子さんからおじいさんまで様々。

ひとつ驚いたことは、お客さんが日本人だけだったということ。

浅草は、外国の方にも大人気の観光スポットなので、

「私、外国に旅行へいったんだっけ?」

と思ってしまう程、外国人の率が高いんです。

浅草寺や仲見世通り周辺は、その外国人率が高かったのに対し、三松館では日本人の方しかいませんでした。

スマートボールで実際に遊んでみた!

三松館のスマートボールは、75球で300円。

店員さんに300円を渡すと、ごろごろ~と吐き出し口からボールが出てきます。

あとはレバーを引いて球を発射させるだけ。

「15」と書いてある穴に入れば15球、「5」という穴に入ると5球、またボールをもらうことができます。

さすがに長年の疲れが出てきてしまっているのか、穴に入ってもボールが出てこないこともあります。(笑)

そういうときは、店員さんに言うと、台をトントンと叩き、台の調子を直してくれます。

テレビも昔ブラウン管だったときは、映りが悪いとテレビをトントン叩いていましたよね。懐かしい…。(笑)

一見難しそうに思ったんですが、意外と穴に入るので、300円で1時間近く遊ぶことができました

「あ!はいった~~!!」

と、まるで子供に返ったかのように遊んでしまいました。

ちなみに遊んでいると、店員さんが一人ずつにラムネをくれるというサービスも。

このセロハンで包まれたラムネ、久しぶりにみました!昔よく食べてたなぁ…。

ひとつひとつが懐かしくて、昭和世代の方にはたまらないですよね💛

スマートボール以外にも昔なつかしい遊技機が!

三松館には、スマートボール以外にも昔のパチンコ台も置いてあります。

今のパチンコは、ハンドルをひねるだけで自動的に球が出てきますが、昔は右下のレバーを弾いて1玉ずつ球を出すアナログ的な遊技機だったんですね。

故障中で使えない台が多いようですが、何台かは実際に遊ぶこともできるそうです

また、三松館では駄菓子を買うこともできます。

私が小学生の頃は近所に駄菓子屋があって、放課後はよく友達と駄菓子屋に遊びに行っていたんですが、今はもう駄菓子屋なんてみかけなくなってしまいましたよね…💦

こういうレトロ感溢れるモノは、子供よりも大人のほうが楽しんでしまいそうです💛

<スポンサーリンク>

家族みんなでスマートボールをやってみよう!

浅草「三松館」は、一瞬で昭和にタイムスリップしたような、レトロ感満載の「大人の遊び場」でした。

「大人の遊び場」といっても、スマートボールは、レバーを引っ張って穴にボールを入れるだけなので、初めてスマートボールをするお子さんでもカンタンにできるかと思います。

浅草に行かれた際は、ぜひ家族みんなでスマートボールを楽しんでみてくださいね(⋈◍>◡<◍)。✧♡

スマートボール「三松館」の詳しい情報はコチラ!

  • 住所 東京都台東区浅草2-9-13
  • 電話番号   03-3844-1735
  • 営業時間 土日祝日のみ 12:00~19:00