「一人っ子は可哀想」はなぜ?兄弟を作ってあげないと、親として失格なの?

こんにちは、えりです(/・ω・)/

私は結婚してもう2年が経ちましたが、まだ子供はいません。

 

そろそろ子どもがいても…と思うんですが、その時に悩むのが「子供の人数」

「一人っ子でもいいのかな?兄弟がいた方がいいの…?」

と、色々考えて調べてみたところ、ある意見があることを知りました。

 

それは、

「一人っ子は可哀想」

だということ。

 

今回は、そんな「一人っ子は可哀想」という意見に対して、私なりの考えをお伝えしたいと思います。

  • 子どもを何人産もうか悩んでいる人
  • 一人っ子は可哀想なのかな…と悩んでいる人
は、ぜひ読んでみていただけると嬉しいです✨

<スポンサーリンク>

なんで兄弟が必要なの?「一人っ子は可哀想」なの?

正直私は、「子供は一人でいい」と思っています。

というのも、私は元々身体も弱くて体力もないので、子どもを何人も育てる自信がありません。

 

もちろん2人目ができたら、それはそれで嬉しいけど、特に

兄弟を作ってあげなきゃ!

子どもは絶対2人以上!

とは思っていません。

 

でも、「子どもは1人で考えている」というと、

「兄弟がいないなんて可哀想だよ!」

「一人っ子は可哀想だよ!」

と言ってくる人の多いこと多いこと…。

 

私は、6歳下に弟がいる2人きょうだいで、きょうだい仲もいいですが、

兄弟いたほうがいいよ!

一人っ子はダメ!

と、一人っ子を否定しようとは思いません。

 

兄弟の良さもあれば、一人っ子の良さもあると思います。

 

なのになぜ、まるで

「兄弟がいない子は、不幸だ」

とも聞こえるような意見があるのでしょうか…。

もちろん、一人っ子だからこその悩みもわかる

とはいえ、一人っ子であるが故の悩みがあることも分かります。

 

以前、一人っ子の友人に

今のところ、

子どもは一人で考えているよ

という話をしたとき、

「僕は一人っ子で辛いと思うことが多かった」

「だから、兄弟は必要だなぁ…と思う」

とのアドバイスをもらいました。

 

というのも、その友人は両親が共働きだったこともあり、いわゆる「鍵っ子」だったのです。

 

毎日自分でドアを開け、「おかえり」と言ってくれる人もおらず、暗い部屋に入っていく…。

 

そんな時、

兄弟がいたら楽しかっただろうなぁ…」

と言っていました。

 

もちろん、私も「鍵っ子」にはさせたくないと思っています。

いつか子どもが親元を離れてしまう以上、一緒にいれる時は、それを大事にしたい。

毎日「おかえり」と言って、その日あったことを思う存分聞いてあげたいと思っています。

 

この点、私は以前フルタイムで働き、出産後はまた子供を預けて働く予定でした。

でも、今は主婦として家にいるので、より一層

「子供の人数、兄弟云々にこだわらなくてもいいのでは…?」

と思う気持ちが、強くなったのかもしれません⚡

でも、兄弟がいるからこそのデメリットもあると思う

「一人っ子は可哀想」「兄弟を作るべきだ」

という意見も分かりますが、では本当に、

「兄弟がいたほうが幸せだ」

と言えるのでしょうか?

 

この点私は、兄弟がいるからこその悩み・デメリットもあると思っています。

 

例えば、お兄ちゃんとして生まれてきたことで、

「お兄ちゃんなんだから、もっとしっかりして!」

と、理不尽に怒られることもあるかもしれません。

 

弟として生まれてきたことで、

「お兄ちゃんはもっと頭良かったはずなのに…」

と、いつも兄と比較されることを悩んでいるかもしれません。

 

この点、一人っ子だったら他の兄弟と比べられることもないですよね。

 

これは、すなわち

「兄弟がいる故の悩み・デメリット」

だと思います。

 

もちろん、一人っ子は一人っ子で、親からの

「この子しかいないんだから、しっかり育てなきゃ!」

「いい大学に行かせなきゃ!」

という期待の集中攻撃を浴び、負担に感じてしまうおそれもあります。

 

要するに、子どもが何人だからといって、それだけで

「幸せだ」「不幸だ」

ということが決まるワケではないと思うんです。

兄弟がいる人はいるなりの、一人っ子は一人っ子なりの、それぞれの悩みがあるんです。

<スポンサーリンク>

子どもが何人でも、結局は親がどう接するかで変わると思う

私は、「一人っ子だから」「兄弟がいるから」ということだけで、子どもの幸せ具合が変わることはないと思っています。

 

なぜなら、先ほどお話したような

  • 兄弟がいることでおきるデメリット
  • 一人っ子だからおきるデメリット
は、結局のところ、親がどう接するかによるからです。

 

というのも、兄弟がいる家庭の親全員が、

「お兄ちゃんなんだから、しっかりしなさい!」

と怒るワケではありませんよね。

私自身も”お姉ちゃん”ですが、「お姉ちゃんなんだから…」と言われたことは一度もありません。

 

もし、そんなことを言われたら、

生まれた順番の違いだけで、なんでそんなこと言われなきゃいけないの?

と、思ってしまうかも…。(汗)

 

だって、

「長男長女はしっかりするべき。次男次女はしっかりしなくてもよい」

なんて決まり、どこにもないじゃないですか。

 

また、「一人っ子がゆえに、親の期待が集中する」というのも私は嫌だな、と思います。

 

私は、人としての道を外さない限り、子どもがどんな人生を歩もうと、本人の自由だと思っているので、

「子供の人生に、親が期待をする。レールを敷く」

ということ自体が、そもそもおかしいと思っています。

だって、子どもは親の所有物じゃないのですから。

 

だからこそ、「兄弟を作ってあげたい」と思っている人は、

「まるで一人っ子を育てるかのように、他の兄弟と差別しないこと」

が大事だと思います。

 

また、「子どもは一人でいい」という人は、

「まるで何人も兄弟がいるかのように、その子の将来に期待しすぎない」

というのが大事だと思っています。

 

なので結局は、親がどうやって子供に接するかで、

「一人っ子がゆえのデメリット」「兄弟がいるゆえのデメリット」

も、多少は変わってくると思うのです。

 

「一人っ子だから」「兄弟がいるから」

という事実だけで出てくるデメリットというのは、案外少ないのかもしれない、と思いました💡

ママになっても、この気持ちを忘れないようにしたい…と思った

最初にお話したように、私にはまだ子供がいません。

出産・子育てを経験していないので、実際の子育ての辛さなども分かりません。

 

子育てのつらい部分、苦しい部分を経験していないから、ここで言っていることは、もしかしたら「きれいごと」になってしまっているかもしれません。

 

でも将来、仮に子どもが何人いたとしても

だって、子育てって大変なんだもん!

仕方ないじゃん!

と言い訳することなく、一人一人きちんと向き合っていきたいと思いました。

そして、実際に子どもが生まれても、この気持ちを忘れないようにしたいと思っています。

 

もちろん、人それぞれの意見があると思うので、

「一人っ子より、兄弟がいた方がいい」

と思う方の意見を否定するつもりはありません。

 

こういう考えもあるのか、と参考にしていただけると嬉しいです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました✨

子育てに悩んだら、こんな記事もおすすめ

「勉強しなさい!」と言わない。子供が勉強を好きになる方法とは?

小学生のこどもがいるママ必見♡勉強のやる気を引き出すコツは「ゲーム」!