嫁活

【ながら美容】ゴム手袋がポイント!食器を洗いながら、しっとり&スベスベな手を作る方法♡

「食器を洗うと、手がガサガサになっちゃう~…」

と、手の乾燥に悩んでいませんか?

 

ガサガサした肌は、それだけでかなり老けて見えるので、なんとか阻止したいところ…💦

 

 

そこで今回、ゴム手袋を使って食器を洗ってみたところ…全く乾燥しない~!

乾燥を防ぐどころか、逆にしっとり”&スベスベな手になってしまいました!

 

というわけで早速、私が試してみた”食器を洗いながら、手をすべすべにする方法”をご紹介したいと思います✨

<スポンサーリンク>

ゴム手袋をすることで、ガサガサの原因をシャットアウト!

食器を洗いながら手をすべすべにするなら、ゴム手袋は必需品です。

ゴム手袋をするかどうかで、手の綺麗さに差がつく…と言ってもいいくらい。

 

 

というのも、素手で食器を洗うことこそが、手がガサガサになってしまう原因なんです💦

 

食器洗いで手が乾燥してしまう原因は、食器洗い用洗剤とお湯。

 

 

まず、食器洗い用洗剤は、油分を落とす強力な合成界面活性剤が含まれています。

食器の油汚れだけ落ちればいいのですが、同時に手の油分まで落としてしまうんです…。

 

また、冬場だと特にお湯で食器を洗っている方も多いと思います。

お湯は、温度が高ければ高いほど、油分を落としやすいんです。

 

そのため、素手&お湯で食器を洗うと、乾燥しまくりのガサガサした手になってしまうんです( ;∀;)

 

 

その点、ゴム手袋を使うと、お湯にも洗剤にも直接手を触れずに食器を洗うことができます。

 

そのため、手の乾燥を防ぐためにはゴム手袋が必需品なんです💕

 

 

ちなみに私は、「ファミリー」というシリーズの薄手のゴム手袋を使用しています(*´ω`*)

Sサイズだと、手にぴったりフィットするので、とても茶碗が洗いやすいです

美容液やハンドクリームをつけると、さらにしっとりした手に♡

ゴム手袋をつける前に、美容液やハンドクリームを塗ると、よりしっとりした手をつくることができます。

 

 

私は毎日のデイリーケアとして、ゴム手袋をつけるまえに「大島椿」の椿オイルを塗っています。

 

椿オイルをうすーく手の甲に伸ばし、反対側の手のひらでゆっくりハンドプレスをします。

オイルが馴染んできたら、ゴム手袋をつけて食器を洗うだけ。

 

 

ゴム手袋をつけると手が蒸されるので、オイルをつけるとさらにしっとりした手になるんです💕

 

お湯で食器を洗うと、もっと手が蒸されるので、しっとり度もアップしますよ(*´ω`*)

週1回はスペシャルケア!もっと若々しい手をつくることができる★

先ほどお話したデイリーケアとは別に、週末だけのスペシャルケアをするのもおすすめです

 

私は週末だけ、顔へのスキンケアと同様のケアをしています💡

 

洗顔後のスキンケア同様、化粧水で手をパッティングし、乳液でフタをしてからゴム手袋をはめて食器を洗っています。

ちなみに私は、私は、マックスファクターの化粧水と、SKⅡのクリームを使っています。

 

食器洗いが終わり、ゴム手袋をはずすと…

「めちゃくちゃしっとりしてる!本当に、私の手…?」

と思う程、手がしっとりしているんです💕

 

正直な話、しっとりスベスベすぎて、ずっと自分の手を触っていたいと思うほど…(笑)

 

 

毎日のデイリーケアと週末のスペシャルケアで、よりきめ細かい手を作ることができます(●´ω`●)

 

<スポンサーリンク>

家事の時間を有効活用して、真冬でもしっとりきめ細かい肌を手に入れよう♡

私自身、以前はなにも気にせずに素手で茶碗を洗っていたので、手がガッサガサで大変でした…。

冬だとあかぎれになっちゃうし、買い物とかで手をみせるのが本当に恥ずかしかった…( ;∀;)

 

 

「とはいえ、食器洗いをやめることもできないしなぁ…」

と思っていましたが、この”ゴム手袋美容法”に出会ってからは、いつでも手がすべすべに💕

 

水仕事の時間が、”手をガサガサにする時間”から”手を綺麗にする時間”に変わりました。

 

 

食器洗いだけでなく、どんな水仕事にも使えるので、主婦の方はゴム手袋が必需品ですよ(●´ω`●)

 

ぜひ一度、試してみて下さいね。

参考になったら嬉しいです、最後まで読んでいただきありがとうございました✨