嫁活

エステで勧誘された時の断り方。上手&ナチュラルに断って、激安価格で体験エステに行こう!

「体験エステに行きたいけど、しつこく勧誘されたらどうしよう…」

と不安になり、体験エステに行くのをためらっていませんか?

 

確かに、中にはしつこい勧誘・営業をしてくるエステサロンもあります。

長時間、勧誘攻撃を受ける…となると、体験エステに行きたい気持ちも失せてしまいますよね。

 

 

でも、ナチュラルに断る方法を身につけておくことで、勧誘を上手に回避することができます。

 

もちろん、”ナチュラルに”断るので、エステティシャンの方との雰囲気も悪くなりません✨

上手な断り方を身につけて、激安価格で体験エステに行きましょう!

 

というわけで今回は、エステで勧誘された時の上手な断り方をお伝えします(*´ω`*)

<スポンサーリンク>


体験を受ける前に、「今日は契約しない」ということを伝えておこう

ナチュラルに断るためには、

「今日は契約しませんよ」

という旨を、勧誘を受ける前に、あらかじめ伝えておくことが大切です。

 

 

もちろん、「今日は契約しません!」とドストレートに伝えると、

「ひやかし?体験目的なら、手抜こうかな…」

と、エステティシャンの方も気分が悪くなるので、ストレートに伝えてはいけません(;´・ω・)

 

「今日は契約しない」ということをナチュラルに伝えるための最強フレーズは、

 

「他のエステサロンと比較検討中です」

 

と言うこと。

 

比較検討中と言うことで、

「他のサロンも行ってみたいから、今日は契約できないよ」

ということを遠回しに伝えることができます。

 

 

もし、「どこのサロンと比較してるんですか?」と聞かれたら、

  • たかの友梨
  • ソシエ
  • ミス・パリ

あたりのサロンの名前を出しておくと、信頼性も増すのでおすすめです。

 

 

「ライバル店か…本当に比較してるんだな…」

と信じてもらうことで、

「今日、この場で契約してください!」

といったような、しつこい勧誘を回避することができます💡

カウンセリングシートの職業欄には、「学生」か「専業主婦」と書こう

しつこい勧誘を回避するためには、カウンセリングシートの職業欄にも工夫が必要です。

 

どんな仕事をしていたとしても、職業欄には「学生」「専業主婦」と書くようにしましょう💡

 

 

学生か専業主婦と書くことで、

「この場で、一人で勝手に契約することができません」

と言いやすくなります。

 

 

ちなみに、私はもっと根回しさせるため、

「良いサロンがあったら、旦那がお金出してくれるって言ってるんですよ~💕」

と、言っています。

 

そう言っておくことで、

「じゃあ、家に帰って旦那に相談してみますね☆」

と、その場での契約を回避することができます。

 

学生の方は、旦那でなく両親に置き換えましょう(∩´∀`)∩

「〇時から予定があります」と、あらかじめ店を出たい時間を伝えておこう

長時間に渡るしつこい勧誘を回避するためには、

「〇時から予定があるので、その前にはお店を出たいです」

と、事前に帰る時間を伝えておくことが大切です。

 

 

勧誘のしつこいエステサロンに行ってしまうと、平気で1~2時間も勧誘してきます。

 

私も経験がありますが、ずっとしつこく勧誘され続けると、

「もうめんどくさいな…契約して、さっさと帰りたい…」

と、彼女たちの営業トークにまんまとのせられてしまうんですよ…( ;∀;)

 

なので、あらかじめ「〇時に出ます」と伝えておくことで、

「次の予定があるので、今日はここで失礼します」

と、話を中断しやすくなります。

 

 

体験エステに申し込むと、施術前にあらかじめ電話で

「カウンセリングを含めて、大体〇時間かかる予定です」

ということを伝えてくれるので、その所要時間より15分程早く出たい…というのがおすすめです。

 

 

全部で3時間かかるのに、「1時間で帰りたいです…」と言うと、

「他の日程にしてください」

と言われてしまうので、所要時間よりちょっと早めの時間を伝えましょう✨

それでもしつこい勧誘をされたら…根回しした情報を使って断ろう

「他のサロンと比較したい」

「旦那や親に相談してからにしたい」

「次の予定があるから早く帰りたい」

 

と言っても、中にはしつこく勧誘してくるエステサロンもあります。

 

そんな時は、あらかじめ根回ししておいた情報を使って

  • 他のサロンと比較してから決めたいです
  • 旦那からの了解を得てから契約したいです
  • 次の予定があるので、今日は契約できないです

ということを伝えましょう✨

 

 

あらかじめ根回しをしておくことで、

「そういえばそうだった…今日は仕方ないな」

と、エステティシャンの方も納得してくれます。

 

 

根回しをせず、勧誘されたときにはじめて

「実は、旦那がお金を出してくれることになってて~…」

「実は、今日これから予定有るんですよ~…」

と言うとちょっと怪しいので、しっかり根回ししておくことが大切です(*´ω`*)

<スポンサーリンク>

勧誘さえ切り抜ければ、体験エステは超お得だから行く価値アリ!

エステ勧誘の断り方を身につけたら、どんどん体験エステに行ってみましょう。

 

ほとんどのエステサロンは、体験コースなら1回500円~3,000円という激安価格で施術を受けることができます。

 

私も、今回紹介した断り方を使って、色んなエステの体験コースを受けていますよ💕

 

私が今まで体験コースを受けた中では、

が、勧誘が少ないエステサロンでした。

 

特に「たかの友梨」の勧誘の少なさにはビックリ。

 

 

施術が終わって着替えたら、

「今日はありがとうございました。もしよければ、またお越しくださいね」

と言われて終了。

 

あらかじめ根回しをしておいたことで、

「今日は契約しないだろうから、強く言うのはやめよう」

と思ってもらえたのかもしれません(*´ω`*)

 

 

これを機に「自然な断り方」を身につけて、お得にエステに行ってみませんか?

参考になったら嬉しいです、最後まで読んでいただきありがとうございました✨

たかの友梨公式ページを見てみる

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018