お出かけスポット

崎陽軒・横浜工場の工場見学レポ。予約方法やアクセス、気を付けるべきポイントを紹介!

”冷めても美味しいシウマイ”として有名な、崎陽軒のシウマイ。

温めなくてもジューシーで、旨味が詰まっていて美味しいですよね。

 

そんな崎陽軒では、実際の製造ラインを見学できる他、無料の試食までついた「工場見学ツアー」を開催しています。

私も先日、崎陽軒の工場見学に行ってきましたが、試食も美味しく、さらに崎陽軒が大好きになりました💕

 

 

というわけで今回は、崎陽軒・横浜工場の工場見学ツアーに参加した感想をお伝えします♪

崎陽軒・横浜工場へのアクセス

崎陽軒・横浜工場へのアクセスは、バスの乗車時間を含め、

  • 横浜市営地下鉄「仲町台」駅より、約15分
  • 横浜線、市営地下鉄「新横浜」駅より、約20分

です。

 

 

どちらの駅から向かう場合も、市営バスの「港北インター」というバス停で下車します。

バス停の目の前に工場があるので、誰でも迷わずに行くことができますよ♪

 

仲町台方面から向かう場合は、バスを降り、そのままバスの進行方向に進むとすぐ左手に工場があります。

 

新横浜方面から向かう場合は、道路の向こう側に工場があるので、横断歩道を渡って向かいましょう。

 

こちらが工場の正面入り口です。

 

工場見学に参加する方は、こちらのドアから入ります。

 

入口に案内の方がいるので、名前を伝えて名札プレートをもらい、靴を履き替えたら工場見学スタートです。

 

ちなみに、工場内の駐車場を利用することができるので、車をお持ちの方は車で行くことをおすすめします。※駐車場は要予約

 

崎陽軒・横浜工場の近くには、

  • IKEA港北店…車で約4分
  • ららぽーと横浜…車で約10分

と、人気の商業施設もあるので、家族でのお出かけにピッタリですよ💕

工場見学の予約方法

崎陽軒の工場見学に参加するためには、事前の予約が必要となります。

崎陽軒工場見学の予約ページへ

 

ただ、この予約が本当に大変で…。

というのも、3ヶ月前から予約することができるのですが、基本的に全ての枠が満席になっているんです。

 

 

でも、稀にキャンセルが発生することも。

キャンセルが発生した場合は、こんな風に「〇」「△」マークで表示されます。

 

予約は早い者勝ちなので、✖以外のマークがあったら急いで予約するようにしましょう!

全て満席になっていることも多いですが、こまめにチェックしていれば、いずれ空席に出会えますよ♪

 

私も今回、たまたま出たキャンセルで運よく予約することができました(*´ω`*)

崎陽軒・工場見学の流れ

Step1:崎陽軒の歴史ムービーを鑑賞

崎陽軒の工場見学は、まず”崎陽軒の歴史”を知るところからスタートします。

 

こちらの部屋で、

  • シウマイの誕生秘話
  • シウマイのこだわり
  • シウマイの製造過程

などのムービーを鑑賞してから、実際の工場見学へ向かいます。

 

 

実際の工場見学では、見学する時間帯によって稼働していない機械もあるため、このムービーで製造工程を細かく知ることができて良かったです✨

Step2:シウマイ製造ラインの見学

ムービーを観終えると、実際にシウマイの製造ラインを見学します。

ムービーを観た部屋のすぐ後ろに見学スペースがあるので、大きな移動はありませんでした。

 

製造ラインの写真・動画撮影は禁止なので、こんな感じのイメージだと思ってください…。

 

私が見学した時は、シウマイの箱詰め工程を見学することができました。

機械やロボットによる作業もありますが、想像以上に手作業で行う部分も多くて驚きでした(;´・ω・)

 

 

シウマイの製造ラインを見学した後は、”歴代ひょうちゃん”の展示へ。

 

ひょうちゃんとは、シウマイに入っている醤油入れなのですが、色んな顔が描かれていて可愛いんです💕

 

限定ひょうちゃんの展示もあり、ここでは写真撮影OKです(*’ω’*)

Step3:弁当製造ラインの見学

シウマイ製造ラインの見学を終えると、次はシウマイ弁当の製造ラインを見学します。

 

まず、実際の製造ラインを見学する前に、

  • シウマイ弁当の詰め方
  • おかずの製造過程

などのムービーを観ます。

 

 

ムービーを観終えると、実際にシウマイ弁当の製造ラインの見学へ。

ここも写真・動画撮影は禁止で、私が行ったときは、おかずの箱詰め工程を見学することができました。

 

ベルトコンベアーに乗せられたお弁当箱に、工場の方々がスピーディーにおかずを詰めていく様子はまさにプロの技!

 

自分だったら、

「次から次へと、弁当が流れてくる…!間に合わない…っ!」

と、頭がパニックになってしまうだろうなぁ…と思いました💦

Step4:試食

シウマイ弁当の製造ラインを見学し終えたら、試食室に移動し、いよいよ出来立てシウマイの試食です。

 

試食の内容は、

  • 昔ながらのシウマイ
  • 特製シウマイ
  • 筍煮
  • ひょうちゃんサブレ

の4品でした。

 

アツアツの状態で提供されるので、あったかいうちにいただきましょう♪

 

また、一人一つ、ひょうちゃんの醤油さしも頂くことができます。

持ち帰り用の袋も頂けるので、ぜひ好きなひょうちゃんをお土産に持って帰って下さいね。

 

 

ちなみに、特製シウマイは「昔ながらのシウマイ」より一回り大きいとのことですが、こんなに大きさが違いました!

 

食べ比べてみたところ、特製シウマイの方が、食感がフワッとしていたような…?

ただ、「昔ながらのシウマイ」の方が食べ慣れているせいか、個人的には「昔ながらのシウマイ」の方が好みでした。

 

旨味がギュッと詰まってジューシーで、いくらでも食べられる味ですね(*´ω`*)

Step5:写真撮影をして、各自解散へ

試食が終わったら、そのまま各自解散となります。

 

試食室には、自由に写真撮影ができるコーナーもあるため、ぜひ一枚撮ってから帰りましょう♪

 

崎陽軒の制服を試着できるコーナーもあり、子どもサイズの制服もあります。

 

また、”手洗い体験コーナー”もあり、実際に製造現場の方がしている手洗いを体験することができます。

 

2種類の石鹸を使い、なんと約2分間も手を洗い続けるんだとか。

 

2分間も手を洗い続けたら、指紋がなくなってしまいそう…( ;∀;)

製造現場の方々が、どれだけ衛生管理を徹底しているかを実感することができました。

 

<スポンサーリンク>

 

崎陽軒の工場見学で気を付けたいポイント

1、遅刻厳禁!15分前の到着を目指そう

崎陽軒の工場見学は、開始時間と共にスタートとなります。

そのため、なるべく15分前、遅くとも開始時間の10分前には到着するようにしましょう。

 

 

また、工場見学ツアーがスタートすると、ツアー終了まで約90分間トイレにはいけません。

なるべく時間に余裕を持って、トイレを済ませてから参加することをおすすめします✨

2、バスは本数が少ない!時刻表チェックを忘れずに

仲町台駅or新横浜駅からバスで向かう場合は、あらかじめバスの時間をチェックするようにしましょう。

 

というのも、港北インター行きのバスは本数が少ないんです。

日中の時間帯でも約40分に1本のペースなので、”なんとなく”で向かってしまうと、開始時刻に間に合わない可能性があります。

 

Yahoo乗り換え案内」等で、あらかじめ出発・到着時刻を調べておくことをおすすめします♪

 

また工場見学ツアー終了後も、帰りのバス時刻をチェックしてから試食・ショッピングを楽しみましょう。

 

というのも、私たちはバスの時間を気にせずに試食をしていたので、帰るか~と思った時は既に、

「あと5分でバスが来る!その後は40分バスが来ない!」

と、バタバタしてゆっくりお土産が見れなかったんです…( ;∀;)

 

崎陽軒の売店以外は、特に時間を潰す場所がないので、あらかじめ時刻表をチェックしておくことをおすすめします。

3、できたてメニュー充実!お腹を空かせていこう

崎陽軒の工場では、入口の売店で「できたてアツアツメニュー」を食べることができます。

 

できたてアツアツメニューは、

  • 昔ながらのシウマイ…3個100円
  • シウマイまん…3個100円
  • エビシウマイ&カニシウマイ盛り合わせ…2個セット150円
  • 肉まん・あんまん…各150円

と、通常よりも安く食べることができるので、ぜひお腹を空かせていきましょう💕

 

売店内には、新幹線の車内をイメージした椅子やテーブルもあるので、旅行気分でシウマイを食べることができますよ♪

 

私たちも今回、色んなメニューを食べてきました!

 

まず、こちらが「昔ながらのシウマイ」

崎陽軒・昔ながらのシウマイ

 

アツアツで、常温で食べるよりもジューシーで美味しかったです。

 

また「シウマイまん」は、子どもたちにも人気の一品。

崎陽軒のシウマイまん

シウマイを中華まんの皮で包んだ、”いいとこどり”の美味しさでした♪

 

さらにこちらは、「エビシウマイ・カニシウマイ盛り合わせ」

崎陽軒のエビシウマイ・カニシウマイ盛り合わせ

 

カニシウマイもエビシウマイも、カニやエビそのものを食べているような、素材の味がギュッと詰まっていて美味しかったです💕

 

そして最後に、個人的に1番美味しいと思った「肉まん」

崎陽軒の肉まん

 

コンビニの肉まんと同じ位のサイズなのですが、まず皮から違う!

コンビニの肉まんのように皮がベチャッとしておらず、しっとりしていて美味しかったです(*´ω`*)

 

<スポンサーリンク>

 

予約争奪戦を勝ち抜いて、崎陽軒の工場見学に行こう♪

 

私は横浜が大好きなこともあり、小さい頃からずっと崎陽軒のシウマイが大好きでした。

 

ただ、他の焼売と比べると、崎陽軒のシウマイは高いんですよね…。

この間、15個入りの焼売がスーパーで100円程で売っていましたから…(;´・ω・)

 

 

でも今回、崎陽軒の工場見学に行ったことで、その”高さの理由”が分かりました。

 

というのも、崎陽軒のシウマイは、素材や産地へのこだわりが強い!

強いこだわりがあるからこそ、崎陽軒のシウマイは冷めても美味しいんだなぁ…ということを実感することができました。

 

 

予約を取るのは大変ですが、コマメに予約状況をチェックして、ぜひ崎陽軒の工場見学へ行ってみて下さいね!

参考になったら嬉しいです、最後までお読みいただきありがとうございました♪

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019