動画サービス

子どもがキケン!YouTube上に「エルサゲート」と呼ばれる、子ども向けの”なりすまし悪質動画”が流行中

こんにちは、えりです(/・ω・)/!

小さい子どもをもつママさん、「エルサゲート」って知っていますか?

 

実は今、「エルサゲート」といって、一見人気アニメキャラ動画に見える”なりすまし悪質動画”が問題になっているのです。

 

そんな動画を見てしまった子供は、心に深いトラウマを植え付けられてしまった…という被害が多発しています。

 

 

子どもたちに、YouTubeで子ども向け動画を見せている方は、一刻も早い対策が必要です⚡

 

というわけで今回は、小さい子どもがいる親御さんに知ってほしい「エルサゲート」についてお伝えしたいと思います💡

<スポンサーリンク>

「エルサゲート」は、YouTubeに蔓延する悪質な子供向け動画

エルサゲートとは、一見アンパンマンやディズニーキャラの動画のように見せかけた悪質動画です。

“エルサゲート”という名前の由来は、「アナと雪の女王」に登場するエルサ(Elsa)と、不祥事などの意味を持つゲート(gate)を合わせた造語。

 

 

現在、YouTube上にこの「エルサゲート」が多数投稿され、それをみた子供たちが、精神的な被害に遭っていることで問題になっています。

 

 

エルサゲートは、

  • 虐待
  • いじめ
  • 性的な内容
  • グロ系

など、子供たちの発育に悪影響を及ぼすような内容ばかり。

 

 

いわゆる”エログロ動画”と呼ばれる動画です。

 

子どもに見せていたアニメ動画が、もしエログロ動画だったとしたら…。

そんな動画…自分の子供たちには絶対に見せたくないですよね(;´・ω・)

 

あまりのグロさに、大人ですらショックを受ける内容も多いんだそうです…💦

サムネイル画像やタイトルは普通なので、パッと見では気づくことができない

「そしたら、動画をみせるまえに親がチェックすればいいんじゃない?」

と思う方もいると思いますが、エルサゲートは、一見悪質動画だと分からないという特徴があります。

 

 

タイトルやサムネイル画像を見ると「アンパンマン」「ドラえもん」といったように、普通の動画に見える…。

 

そのため、パッと見だけでは判断できないのです💦

 

10分前後の動画で、前半は普通の動画だったけど、後半になると急に内容が一転…というものもあります。

 

 

またエルサゲートは、最初は海外のアニメキャラが中心でしたが、現在は

  • アンパンマン
  • ドラえもん
  • クレヨンしんちゃん
  • ピカチュウ(ポケモン)

など、日本アニメのキャラを使ったエルサゲートも多数投稿されているため、日本での被害も増えているのです。

削除が追いつかず、今もYouTube上にたくさんの”エルサゲート”が残っている

YouTubeの運営・管理をしているGoogle側も、「エルサゲート」の存在は把握しています。

 

ただエルサゲートを発見次第、その動画を削除しているものの、削除するたびに新しい動画が投稿されているのが現状…。

 

そのため、今もなお”エルサゲート”は、YouTubeに多数投稿されている状態なのです。

 

 

ただ現時点では、私はエルサゲートが完全になくなることはないと思います。

 

 

というのも、エルサゲートはただの”いたずら動画”ではないから。

 

たった一人によるいたずらであれば、完全に撤廃することも可能かもしれません。

でもエルサゲートは、悪質な大人たちが集団で、”わざわざ”子供にトラウマを植え付けるためにそのような動画を作っているのです。

 

 

そのため、敵が多すぎる状態なので、すぐに完全撤廃というのは難しいと思います…💦

 

 

お金や時間をかけ、なぜそんなことをするのか…。

本当に、全く理解ができないですよね…(;´・ω・)

amazonプライム、Huluなどの有料動画をみせるのが一番安全

「子供たちにYouTubeをみせないで!」

とは言っても、

「ご飯を作りたいから、今だけ静かにアニメを観ていてほしい…」

というときもありますよね。

 

 

そんなときは、Amazonプライム・ビデオHuluなどの有料動画サービスを利用し、エルサゲートを子供に見せない対策が必要です。

 

Amazonプライム・ビデオは月額325円~、Huluは月額933円でアニメや映画が見放題になる有料動画サービス。

 

 

Huluは私も加入していますが、有料動画サービスのアニメはもちろん公式アニメです。

なので、エルサゲートのような悪質動画が紛れ込む可能性がありません✨

 

 

 

Amazonプライム・ビデオ30日間Hulu14日間無料体験ができるので、この機会に試してみるのもいいかもしれません💡

<スポンサーリンク>

YouTubeをみせる場合は、面倒でも動画を全部チェックすること

万が一子供にYouTubeをみせる場合は、事前に親が動画を全編チェックすることが必要です。

 

先ほども言ったように、最初は普通のアニメだったのに、後半になるとどんどんグロい内容に…という動画も沢山あります。

 

 

そのため、最初の数分間をチェックして、

「よし!これなら大丈夫でしょ!!」

と思っても、実はエルサゲートだった…という可能性も十分にありえるのです。

 

面倒ではありますが、最初だけじゃなく、動画全部をチェックしてあげてください(>_<)

 

 

また、YouTubeを利用する場合は、自動再生をオフにしておくことも大切です💡

 

 

YouTubeでは「自動再生」をオンにすることにより、一つの動画が終わったら関連動画を次々に流す機能があります。

 

 

自動再生をオンにしておくと、最初はアンパンマンの動画だったはずが”アンパンマン関連”で、アンパンマンのエルサゲートにたどり着く…ということがあります。

 

 

YouTubeを利用する場合は、自動再生をオフにし、動画を全部チェックすることが必要です⚡

 

 

 

動画を全部チェックする時間がないという方は、多少お金がかかってしまっても、有料動画サービスを利用した方がいいと思います(;´・ω・)

 

 

大切なお子さんに悪影響がないように、しっかり”悪い大人たち”から守ってあげてくださいね。

参考になったら嬉しいです、最後まで読んでいただきありがとうございました✨