マタニティ

妊娠中の我慢が辛い…。マタニティーブルーになった体験談と元気を取り戻したキッカケ

要チェック!【必見】つわり中でも飲みやすい!おすすめ葉酸サプリレビュー♡
⇒妊娠発覚時から、この葉酸サプリを愛用しています

妊娠中、我慢しなければいけないことがたくさんあって、ストレスが溜まりますよね。

でも、

本当は○○もしたいし△△も食べたいけど、妊娠中なんだから我慢しなきゃ…

と、色んな行動に自分で制限をかけすぎていませんか?

 

確かに、妊娠中に控えなければいけないことはあります。

ただ、先生に相談する前から「あれもダメ」「これもダメ」と決めつけて我慢しすぎると、ストレスが溜まってマタニティーブルーになってしまうかもしれません。

 

そこで今回は、妊娠初期に我慢をしすぎて「マタニティーブルー」になった私の実体験をお伝えします。

私のマタニティーブルー体験談と、元気になったキッカケ

1、「良い妊婦、良い母親になるぞ!」と頑張りすぎた妊娠初期

前提として、私は元々「HSP」という特性を持っています。

HSPとは、Highly Sensitive Personの頭文字を取ったもので、「繊細で敏感すぎる人」という意味です。

そのため、私は他の人よりも物事を心配しすぎたり、「もっと頑張らなければ!」と自分を責めすぎてしまう傾向がありました。

 

妊娠が分かった当初も、その過度な心配、自分を責めすぎる性格が災いし、

私の行動が原因で流産したり、子どもに障害が起きたらどうしよう…

良い母親になるために、ちゃんと頑張らなきゃ!

なんてことを四六時中考えていました。

 

もちろん、それ位ならどなたでも思うかもしれませんが、私の場合

  • 「風疹にかかったら…」と心配し、外出ができなくなる
  • 添加物・香料等が気になり、市販の食品が買えなくなる

など、日常生活に大きな影響を及ぼしていたのです。

とはいえ、すぐにつわりが始まってしまったので、まともにご飯は作れず…。

結局、冷凍食品やレトルト食品等に頼るしかなかったのですが、それらを口にする度に

これで何かあったら私のせいだ…

ご飯を作るべきなのに、私は本当にダメな母親だ…

と思いながら、毎日食事をしていました。

<スポンサーリンク>

2、自分を責めすぎて、次第にマタニティーブルー気味に

自分を取り巻く全ての環境を心配し、「頑張らなきゃ!」と思い続ける生活を送っていると、次第に私の精神面にも変化が訪れました。

妊娠が分かった当初、あんなに夫婦で喜んだはずなのに、

妊娠なんてしなきゃよかったのかな…。私なんて、絶対良い母親になれないし…

ネガティブなことをずっと言い続けるようになったり、突然泣き出すこともありました。

 

また、私はお寿司が大好きなのですが、ネット記事に「生物はなるべく控えよう」と書いてあったので、妊娠が分かった当初からお寿司は一切食べていませんでした。

とはいえ、元々好きな食べ物なので、食べちゃいけないと思っていても「食べたいなぁ」と思うことはあります。

でもこの頃には、「お寿司いいなぁ」と思うと同時に、

妊娠中なんだから、お寿司は我慢しなきゃ…

そもそも、妊娠中なのに「お寿司を食べたい」と思ってしまうこと自体が母親失格だ…

とまで思うようになり、お寿司以外のことでも毎日自分を「母親失格だ」と責め続けていました。

 

この頃には、

  • 突然、理由もなく泣きだす
  • ずっとネガティブなことを口にする
  • 何に対しても「楽しい」と感じられない
  • 眠れなくなる
  • 無気力で、一日中横になる

など、マタニティーブルーの症状がいくつもあらわれるようになっていました。

<スポンサーリンク>

3、思い切って、主治医に「寿司食べたい」と相談してみた

自分を責め続け、「毎日がつまらなくて地獄だ…」と夫に嘆いたところ、夫に

自分で決めつけないで、まずは先生に聞いてみれば?お母さんも妊娠中にお寿司食べてたんでしょ?

と言われ、思い切って先生に「お寿司は食べてはいけないんですか?」と聞いてみました。

 

すると、

お寿司、全然食べていいんだよ〜!ただ、下痢してる時は生物(生野菜やフルーツも含む)は一切摂らないでね!

とのこと。

当たり前でしょ!お寿司なんて出産するまで一切禁止!

とか言われるかな…なんて思っていたので、夫婦でビックリ。

 

そもそも私が分娩予定のクリニックは、基本的に

  • ママの楽しい・悲しいは、赤ちゃんにも伝わる
  • 赤ちゃんのためにも、楽しい毎日を送ろう
  • 妊娠中こそ、アクティブに行動して!運動必須!
  • 35週までなら旅行OK(海外旅行は自己責任でね)

という方針らしく、思っていた程妊娠中の制限はありませんでした。

ただ私の場合、ワクチンを打っても風疹の抗体が低かったので、外出に制限はありましたが…(;´・ω・)

 

先生からの「お寿司OK」をもらった帰り、早速お寿司屋さんへ足を運んだ私たち。

  • 新鮮な魚介を扱うお寿司屋さんを選ぶ
  • マグロ等、メチル水銀を含む魚は最低限にする(2貫だけにしました)
  • なるべく蒸しエビ等の加熱されたネタにする
  • こまめにガリを食べる(殺菌効果があるとのこと)

など、色々と注意しながら食べましたが、久しぶりに食べるお寿司は本当に格別で、生きてて良かった…!とさえ思いました。(笑)

 

そして、”お寿司パワー”を貰ったのかは分かりませんが、不思議とこのお寿司を食べた翌日から、めちゃくちゃ元気になったのです!

それまでは、

吐き気もないし、多分つわりも落ち着いたんだと思うけど…でも身体も重くてだるいなぁ…

と、ほとんど一日中横になっていたのに…。

 

もしかしたら私の場合、「どうせあれもこれも我慢だし…」と諦めていたことで、体力というより気力がなくなっていたのかもしれません。

「私は妊婦なんだから仕方ない…」と全て諦めていたので、ウソみたいに元気になれて本当に嬉しかったです…( ;∀;)

お寿司OK、旅行OKに関しては、あくまで私が通っている産科の方針・考えによるものです。

妊娠中でもできることは、妊婦さんの体質・体調や、通っている産科の方針によって異なります。

「これはOKかな?」と思った時は、必ず主治医に確認をしてから行うようにしましょう。

我慢をしすぎると、自分も辛いし赤ちゃんも辛い

お寿司の一件があったことで、私は

妊娠中だからといって、我慢しすぎるのは良くないんだ!赤ちゃんのためにも、まずは私が楽しい毎日を過ごそう!

と気づくことができました。

これを読んでくれているということは、あなたも

妊娠中はアレもコレも我慢しよう!ちゃんとした母親にならなきゃ!

と、頑張りすぎてしまう方なのではないでしょうか。

確かに、「子どものために我慢する」というのは、とても素晴らしいと思います。私もそう思って、「我慢するほど良い母親になれる」とまで思っていました。

 

でも、果たしてお腹の赤ちゃんは、私達に「辛くても我慢すること」を求めているのでしょうか?

仮に、私がお腹の赤ちゃんの立場だったとして、もし自分の母親が、妊娠中に毎日地獄のような日々を送っていたとしたら、

そんなに我慢してくれてるんだね!嬉しいな♪ありがとう!

とは思えません。むしろ、

私のせいで、こんなにお母さんに辛い思いをさせてしまっている…。私がお母さんのお腹に宿ったせいでごめんなさい…。

と、自分を責めてしまうとおもいます。

 

私は医者ではないので、妊娠中の母親のストレスや気持ちが、赤ちゃんに伝わるかは正直分かりません。

でもやっぱり、自分のせいでお母さんが辛い日々を送っていると知ったら、赤ちゃんも傷つくし辛いと思います。

 

「赤ちゃんのために頑張りたい」と思うなら、今日からは

「赤ちゃんが喜んでくれるように、毎日楽しく過ごそう♪」

という考え方に変えてみませんか?

もちろん、「私が楽しければ赤ちゃんも楽しいはず」を極端に捉えて、毎晩お酒を飲んだりするのはダメですよ!
<スポンサーリンク>

ネットの情報だけで自己判断せず、まずは主治医に相談しよう!

妊娠中、「これってオッケーなんだっけ?」と疑問に思った時、ネットで

  • 妊娠中 お寿司
  • 妊娠中 運動
  • 妊娠中 旅行

などと検索した方も多いはず。

ただ、

「妊娠中でも、お寿司は食べて大丈夫ですよ!」

「妊娠中でも、どんどん旅行に行っちゃいましょう!」

と書いてあるページはなかったのではないでしょうか?

 

その理由は、万が一その情報を鵜呑みにした妊婦さんが食中毒を起こしたり、旅行先でトラブルを起こした場合、記事の発信元が責任を取れないからです。

この記事に「お寿司食べていい」って書いてあったから食べたのに、食中毒になりました!どうしてくれるんですか?!

と、訴えられたりしたら大変…。

実際、免疫の強さは人それぞれなので、お寿司を食べても大丈夫な人もいれば、お寿司を食べない方がいい人もいますからね(;´・ω・)

だからこそ、

「妊娠中なら、なるべく生ものは控えた方がいいでしょう」

というように、「絶対ダメ」とは言えないけど、すすめることもできない…という曖昧な表現になってしまうのです。

 

私自身、この記事では「妊娠中はお寿司を食べていいんだよ!」とは言えません。

あくまで、「先生に相談したら、お寿司OKと言われた。だから私はお寿司を食べた」という事実だけしか伝えられないのです。

 

でも実際、産婦人科の先生の中には、私の主治医のように

事前に相談してくれたら、お寿司も大丈夫だし旅行も平気だよ!

と言ってくれる先生もいます。

 

私自身、ネットの情報を見て

お寿司は一切だめなんだ…出産まで我慢しよう…

と思っていましたが、主治医に確認したら「全然おっけー!」という拍子抜けの回答をされました。

 

もちろん、妊娠中だとできないこともあります。

でも、本当はできるかもしれないのに、

ネットにそう書いてあるから、我慢しよう…

と、先生へ相談もせずに諦めてしまっていませんか?

 

「どうせダメだ…」と決めつける前に、まずは先生に相談してみましょう!

もしかしたらその我慢は、”しなくてもいい我慢”かもしれませんよ✨

<スポンサーリンク>

我慢の10ヶ月ではなく、人生で1番楽しい10ヶ月にしよう!

妊娠が分かった時…とても嬉しかったですよね。

私も、妊娠検査薬が陽性になった瞬間は今でも鮮明に覚えています。

 

でも、つわりも辛くて、いろんな制限もあって…。

妊娠して幸せだったはずが、いつの間にか「辛」に変わっていた方も多いはず。

 

ただ、先ほども言ったように、体質・体調は人それぞれなので、妊娠中の制限の程度も人によって異なります。

「全部ダメだ」と決めつける前に、まずは主治医に確認してみましょう!

もしかしたら、我慢だらけだと思っていた10ヶ月が、人生で一番楽しい10ヶ月になるかもしれませんよ✨

 

マタニティー期間を楽しんで、一緒に元気な赤ちゃんを産みましょうね(*´ω`*)

参考になったら嬉しいです、最後まで読んでいただきありがとうございました♪

要チェック!【必見】つわり中でも飲みやすい!おすすめ葉酸サプリレビュー♡
⇒妊娠発覚時から、この葉酸サプリを愛用しています
「BABY葉酸~ママのめぐみ~」の口コミ・メリットは?ほぼ無味無臭でツワリ中でも飲みやすい優秀サプリだった!妊娠中はもちろん、妊活中から積極的に摂取したい「葉酸」。 でも、世の中に「葉酸サプリ」はたくさんあり、どれを選ぶべきか迷ってしまい...
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019