整理整頓・掃除

女性用下着のゴミの出し方。安心して捨てられる、正しい処分方法を身につけよう

「処分したい下着があるんだけど、そのままゴミに出すのは不安…」

と思い、なかなか下着を捨てられずに悩んでいませんか?

 

確かに、そのままゴミ袋に入れて捨てると、ゴミを漁られて下着を持っていかれる可能性もあります。

実際にあるんですよ…”下着漁り報告掲示板”なんてものも…。

 

 

そのため、そのようなトラブルに巻き込まれないためにも、”正しい処分方法”をすることが大切なんです。

 

というわけで今回は、安心して捨てられる、ブラジャー・パンツの正しい処分方法をお伝えします(●´ω`●)


女性用下着を安全に処分する方法

Step1:ブラカップのワイヤーを抜き取る

パンツはそのまま普通ごみとして捨てられますが、ブラジャーは、ワイヤーと分別して捨てなければいけません。

そのため、まずはブラジャーのワイヤーを取る作業が必要となります。

 

 

まず、カップの端っこにハサミを入れます。

 

すると、切ったところからワイヤーが出てくるので、下から押し出すようにしてワイヤーを引っ張り出します。

 

ワイヤーが二本抜けたら、分別完了です✨

分別したワイヤーたちは、自治体の分け方に従って捨てます。

 

金属ごみ扱いのところもあれば、不燃ごみ扱いのところもあるので、

「ワイヤー 処分 ○○(自治体名)」

などで検索してみてくださいね♪

 

 

ただ、下着のワイヤーは「大量の金属」というわけじゃないので、分からなかったらそのまま普通ごみに出しても大丈夫です。

 

例えば、小平市の公式ページを見ると、ブラジャーのワイヤーやホック部分については、

素材ごとに分別していただければとても有難いですが、微量の金属は焼却に影響ありませんので、そのまま「燃えるごみ」としてお出していただいても結構です。

(引用元:「小平市公式ページ「ごみの分別Q&A」

と言っているので、ブラジャー数枚分のワイヤーであれば、そのまま普通ゴミ(燃えるゴミ)に出しても大丈夫です。

Step2:元の形が分からないように、下着を細かく刻む

ブラジャーのワイヤーを抜いたら、元の形が分からないように細かく切ります。

 

普通のはさみでも切れますが、布切りばさみを使った方が切りやすいですね(*´ω`*)

 

 

パッと見ても、これが下着とは分からないように、なるべく細かく切るのがポイントです。

 

全部切り刻んだら、下着とは分からない位、”布の山”になりました✨

Step3:生ごみと一緒に混ぜて捨てる

下着を切り刻んだら、中身が見えにくい袋に入れ、封をして普通ごみ(燃えるゴミ)に捨てます。

 

 

ちなみに私は、「BOS」という防臭袋を使っています。

 

BOSは”中身が見えにくい加工”が施されているので、下着を捨てるのに最適なゴミ袋なんです✨

 

もっと念入りにしたい方は、生ごみと下着を混ぜて捨てるのがおすすめです。

他のごみを混ぜることで、より下着だということがバレにくくなります。

 

一人暮らしの方は特に、それくらい念入りにした方がいいですよ(;´・ω・)

 

「下着メーカーに回収してもらう」という方法もある

それでもやっぱり、

「下着をごみに捨てるのは怖いな…」

という方は、下着メーカーに回収してもらうという方法もあります。

 

例えば「チュチュアンナ」では、不要になったブラジャーをチュチュアンナの店舗に持っていくと、その場で使える10%オフクーポンと交換してくれます。

チュチュアンナの製品だけじゃなく、他社メーカーのものでも大丈夫というところがポイント💡

 

 

ただ、ネットでは受付をしていないので、チュチュアンナの店頭に持っていくことが必要です(;´・ω・)

 

漁られる心配もないので、この方法が一番安心&安全な方法です。

tutuanna(チュチュアンナ)の店舗一覧を見てみる

そのまま処分するのは危険!正しい処分方法で捨てよう

「下着を捨てるのって、そこまで念入りしなきゃだめなの…?」

という気持ちもありますが、女性用下着は、そのまま処分するのはとてもキケンです。

 

実際、

「ゴミ袋を漁られて、下着だけ持っていかれた」

というトラブルも発生しています💦

 

切り刻むのは面倒ですが、トラブルに巻き込まれないためにも、しっかり刻んでゴミ出ししましょう(;´・ω・)

 

参考になったら嬉しいです、最後まで読んでいただきありがとうございました✨

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018-2019