光熱費の節約

暖房の電気代はこれで節約!正しく使い、サーキュレーターと併用することで効率アップ♡

皆さんは、正しく暖房を使えていますか?

 

暖房を正しく使えないと、部屋を暖める効率が悪くなってしまいます。

効率が悪くなると、その分電気代も上がってしまうんです…💦

 

正しい暖房の使い方を身につければ、電気代が節約できるだけじゃなく、より早く部屋を暖かくすることができます✨

 

そこで今回は、”暖房の正しい使い方”をお話したいとおもいます。

<スポンサーリンク>

風量は「弱」ではなく「自動」にすると、電気代が節約できる

電気代を節約するためには、暖房は自動運転にするのがポイントです。

 

「風量が弱いから、弱風が一番節約できるんじゃない?」

と思う方も多いと思いますが、自動運転にするのが、一番消費電力が低いんです。

 

 

実は暖房は、室温を設定温度にまで上げていくときに一番電気を使うんです。

 

「弱風」「微風」だと、出てくる風の量が少ないので、電気代も節約できるように思えますよね。

 

でも風が弱い分、部屋が設定温度になるまでに時間がかかるため、ずーっと暖房はフル稼働し続けます。

 

そのため、弱風・微風のほうが電気代が高くなってしまう…というワケなんです💦

 

逆に、設定温度になったあと、室温を維持する運転にはあまり電気代がかかりません。

 

 

なので、

  • 部屋を暖めるとき…「強風」で一気に暖める
  • 部屋が暖まった後…「弱風」にして室温を保つ

ということを自動で行ってくれる「自動運転」は、効率よく部屋を暖めてくれるだけでなく、一番電気代を節約できるモードなのです✨

2~3時間以上外出するなら、暖房は消した方が電気代は安くなる

「暖房は、つけっぱなしのほうが節約になるよ!」

と言い、暖房を一日中つけっぱなしにしている方もいると思います。

 

でも実は、「一日中つけっぱなしの方が節約できる」ということはないんです💦

 

確かに、頻繁にエアコンをつけたり消したりすると、かえって電気代が高くなってしまいます。

 

これは先ほども言ったように、暖房は、設定温度まで暖かくするときが一番電気代がかかるからです。

そのため、つけたり消したりを繰り返すと、設定温度まで持っていく「フルパワー運転」を繰り返してしまうことになります。

 

 

とはいえ、

「じゃあ、何時間以上の外出なら、消していった方がいいの?」

と疑問に思いますよね。

 

私が調べてみたところ、2~3時間以上の外出の際は、消していった方が電気代は安くなりました。

 

なので、

「ちょっと近所のコンビニへ…」

など、ちょこっとの外出の時は、つけっぱなしにしておくことをおすすめします✨

サーキュレーターを併用することで、効率良く部屋を暖めてくれる

より電気代を節約したいのであれば、サーキュレーターを一緒に使うのがおすすめです💡

 

サーキュレーターとは、見た目は扇風機に似ていますが、

  • 扇風機…涼しい風を出す
  • サーキュレーター…風を出し、室内の空気を循環させる

というように、使用する用途が異なります。


「でも、風が出てくるなら部屋は寒くなっちゃうんじゃないの?」

と思う方も多いと思いますが、サーキュレーターは、室内の空気を循環させるアイテム。

 

暖房と併用させることで、暖房の暖かい空気を、素早く部屋全体に行き渡らせてくれるんです✨

そのため、暖房単体で使うよりも早く部屋を暖めることができ、同時に電気代も抑えることができます。

 

 

ちなみに私は、リビング用にアイリスオーヤマのサーキュレーターを愛用しています。

首振り機能もついているので、より効率よく部屋を暖めてくれます。

 

 

この商品じゃなくても構いませんが、新たにサーキュレーターを購入する場合は、

  • 部屋の大きさに合っていること
  • 首振り機能がついていること

という二点を重視して、サーキュレーターを選んでみてくださいね✨

簡単な工夫で、より電気代を節約することができる★

フィルターを定期的に掃除すると、電気代が最大25%節約

エアコンのフィルター…定期的にお掃除をしていますか?

フィルターがホコリやゴミで詰まってしまうと、暖房が効きづらくなり、より電気を使ってしまうんです。

 

そのため、定期的にエアコンのフィルターをお掃除することで、電気代を最大25%節約することができます。

 

1~2週間に一回は、エアコンのフィルターをお掃除してみてくださいね✨

着ているモノを工夫して、設定温度を1度下げよう

暖房は、

「設定温度を1度下げると、約10%の節電になる」

と言われています。

 

なので、なるべく暖かい格好をして、暖房の設定温度を今よりも低く設定しましょう✨

 

私も、家の中にいるときは、

  • 上下モコモコ、保温性の高いルームウェア
  • お腹まですっぽり隠れる毛糸のパンツ
  • 足首ウォーマー
  • もこもこ靴下

という感じで、しっかり防寒をして設定温度を下げています。

 

足首ウォーマー…足先の冷えが解消されるので、とってもおすすめです(*´ω`*)

<スポンサーリンク>

ちょっと工夫するだけで、部屋をより暖かく&電気代をより抑えることができる

実は私自身、


「より風量の弱い方が、電気代を抑えられるはず!」

「こまめに消したほうが、電気代を節約できるはず!」

 

と思い込み、”間違った使い方”を続けていたんです。

 

そしたら、急に電気代が5,000円程跳ね上がってビックリ仰天。

 

色々勉強してみると、暖房には”正しい使い方”というものがあることを知りました。

 

 

「暖房って本当に電気代が高いわ…冬は電気代が高くて困る…」

と毎年思っていましたが、それは間違った使い方をしてきたせい。

 

正しく使えるようになったら、それほど電気代は高くならないことがわかりました✨

 

皆さんも暖房を正しく使って、快適な冬の生活を送ってくださいね(*´ω`*)

 

参考になったら嬉しいです、最後まで読んでいただきありがとうございました