貯金

ゆうちょ銀行で子供の口座を開設する方法とメリット。お年玉、入学祝を貯めてあげよう♡

お年玉や出産祝…子供が生まれると、色んな”お祝い”を頂く機会が多いですよね。

 

「大人になったらまとめて渡したいけど…いい管理方法はないかな?」

と困っている方も多いのではないでしょうか?

 

そんな時は、ゆうちょ銀行で子ども名義の口座を開き、その口座に貯めていきましょう!

大人になったら、その口座をそのままプレゼントすることができますよ(*´ω`*)

 

 

というわけで今回は、子供名義の口座をゆうちょ銀行にするメリットと、開設する方法をお伝えします。

<スポンサーリンク>


ゆうちょ銀行なら、進学や結婚で地元を離れた時でも安心

子供名義の口座にゆうちょ銀行をおすすめする理由は、ATMが全国にあるから。

 

 

「みずほやUFJのような、大手銀行はだめなの?」

と思いますが、メガバンクはATM設置数に偏りがあるんです…💦

 

都内のATM設置数は多いですが、地方だとかなり少ない地域もあります。

 

「せっかく貯めたのに、ATMがないから全然おろせない…」

という事態は避けたいですよね。

 

その点ゆうちょ銀行なら、全国に郵便局・ATMがあるので、お子さんが進学や結婚で地元を離れてしまった時も安心なんです✨

 

そのようなメリットから、

「子供用の口座はゆうちょ銀行で」

という方が多いです(*´ω`*)

子供名義でゆうちょ銀行口座を開設するのに必要なもの

ゆうちょ銀行で、子供名義の口座を開設したい場合は、

  • 子供名義の本人確認書類
  • 親(親権者)の本人確認書類
  • 印鑑(シャチハタは✖)
  • 子供のマイナンバー通知カード

の四点が必要となります。

 

本人確認書類は、

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

などの顔写真付きの身分証明書です。

 

 

ただ、子供となると、パスポートやマイナンバーカードを持っていない可能性が高いですよね…💦

 

顔写真付きの身分証明書を持っていない場合は、

  • 健康保険証
  • 母子手帳

の二点を提示することで、「顔写真付きの身分証明書」と同じ扱いをしてくれます。

 

 

親子ともに顔写真付きの身分証明書がない場合は、

  • 子供の身分証明書(健康保険証)
  • 親の身分証明書(健康保険証)
  • 母子手帳
  • 子供のマイナンバー通知カード
  • 印鑑

の五点が必要です💡

 

 

ただ、母子手帳とマイナンバー通知カードは口座開設に”必須”の持ち物ではありません。

 

ゆうちょ銀行に問い合わせてみたところ、その二点は

「なるべく持って来て下さい」

とのことでしたが、なくても口座は開設してもらえるそうです。

 

子供の身分証明書、親の身分証明書、印鑑の三点は必須の持ち物なので、これらは最低限忘れずに持っていきましょう✨

女の子なら特に、名前の印鑑を作ってあげるのもおすすめ

銀行印は、シャチハタ以外の印鑑なら、ファーストネーム(下の名前)の印鑑でも大丈夫です。

 

特に女の子の場合は、結婚を機に苗字がかわる可能性があるので、ファーストネームの銀行印のほうがおすすめです。

 

ファーストネームの銀行印なら、結婚後もそのまま銀行印として使うことができますよ(*´ω`*)

ちなみに私は、全部苗字の印鑑で口座を作っていたので、結婚した時に銀行印の登録を変えるのが大変でした…。

 

今は「はじめての印鑑」の記念として、可愛い印鑑をプレゼントしてあげる親御さんが多いようです✨


ハンコヤドットコムでおしゃれ印鑑を見てみる

子供本人はいなくて大丈夫。自宅か勤務地近くの郵便局へ行こう

口座を開設する際は、名義人(子供)本人はいなくても大丈夫です。

 

必要書類を持っていけば、親のみの来店でも口座を開設することができます。

 

 

必要なものが揃ったら、窓口が開いている時間(9:00~16:00)にゆうちょ銀行の窓口へ行きましょう✨

 

自宅か勤務地近くの郵便局で、口座を開設することができます。

防犯上の理由から、自宅や勤務地から離れた郵便局だと、口座開設を断られる場合があるので注意です。

 

 

私の夫が口座を開設しようとした時も、

「ここではなく、最寄りの郵便局で口座を開設してください」

といわれ、口座開設を断られてしまいました💦

 

自宅周辺に郵便局が2件あり、どちらも同じくらいの距離だったんですけどね…(;´・ω・)

最近は犯罪防止という理由から、かなり厳しくなっているみたいです。

通帳は即日発行。キャッシュカードは後日郵送で送られてくる

郵便局についたら、口座開設に必要な事項を記入し、通帳のデザインを選びます。

 

通帳のデザインは、通常デザインと、

 

シックなブラックのデザイン。

 

可愛い絵柄のついたデザインの三種類から選ぶことができます。

通帳はその場で発行してもらえますが、キャッシュカードは後日自宅へ郵送されます。

 

キャッシュカードは、どの通帳を選んでも緑のデザインです。

窓口が混雑していなければ、大体10~15分程で手続きが完了します✨

<スポンサーリンク>

”お金の価値”がわかるようになったら、子供に通帳を渡す…という方法もある

就職や結婚をするときに通帳を渡す方も多いですが、最近は、お小遣いをもらう年齢になったら通帳を渡す…という方も多くなっています。

 

あえて子供に”自分のお金”を管理させることで、お金を貯める楽しさや

「おもちゃを買ったら、こんなに貯金がなくなっちゃった…」

と、「何かを買うとお金がなくなる」ということを身をもって体験することができるからです。

 

買いたいものができる度に「ママー!これ買って~!」と言わせるのではなく、

 

「自分のお金を、自分の口座に貯めて買う」

 

というのは、とてもいい”お金の教育”になります✨

 

子供が小さいうちから、少しずつ金銭教育を始めてみませんか?

参考になったら嬉しいです、最後まで読んでいただきありがとうございました✨