冬の電気代はこれで節約!今さら聞けない、暖房・エアコンの正しい使い方

「ただいまー!」  ピッ!

といった感じで、帰るとすぐに暖房をつけてしまう私です。

暑がりかつ寒がりである私は、夏はクーラー、冬は暖房が必需品です。

しかし、気になるのが電気代ですよね。

私自身、なんと先月の電気代が前の月より5,000円も高くなってしまいました。

5,000円あったら、1回夫婦でちょっといいランチができたのに…ともう反省中です。(汗)

この失敗を機に、暖房の正しい使い方というのを勉強してみたので、今回は、もう一度おさらいしたい暖房の正しい使い方をお伝えしたいと思います。

<スポンサーリンク>

風量は「弱」ではなく「自動」で!

電気代節約のために、「暖房をつけるときは「弱風」にしているよ!」という方も多いのではないでしょうか?

しかしエアコンは、部屋を暖める、すなわち室温を設定温度にまで上げていくときが一番電気を使います。

「弱風」や「微風」だと、出てくる風の量が少ないので電気代も節約できるように思えますが、風が弱い分、部屋が快適な温度に達するまでに時間がかかるため、かえって電気代が高くなってしまいます。

逆に、設定温度になってから、室温を維持する運転には、あまり電気代がかかりません。

そのため、部屋を暖めるときは「強風」などで一気に暖め、暖まった後は「弱風」などに自動で変えてくれる「自動運転」は、効率よく部屋を暖めてくれるだけでなく、一番電気代を節約できるモードなのです。

つけっぱなしのほうが電気代が節約できるって本当?

「エアコンは最初が一番電気代がかかるから、つけっぱなしのほうが節約になるんだよ!」

と言っている方は結構いますよね。

確かに、先ほども言ったように、エアコンは設定温度に持っていくまでが一番電力を必要とします。

しかし、だからといって24時間つけっぱなしのほうが電気代が節約になるわけではありません。

頻繁にエアコンをつけたり消したりするのはかえって電気代がかかってしまいますが、2~3時間以上の外出の際は、消していった方が電気代は安くなります。

私が前にいた会社でも、社長が「消さない方が節約になるから」といって、夏場に会社全体の冷房を24時間フル運転させ、電気代がものすごいことになっていました。(笑)

「つけっぱなしの方が安い」ということを過信せず、あくまで外出する際や、その部屋を2時間以上使わない時はエアコンは消すようにしてください。

他の家電とうまく組み合わせよう!

部屋を暖める家電や器具はエアコンだけではありません。

例えば、扇風機やサーキュレーターと併用すれば、エアコンのあたたかい風を循環してくれるので、より部屋を効率的に暖めてくれます。

また、人間は湿度が上がると体感温度もあがるので、加湿器と併用するのもオススメです。

湿度を大体50~60%に保つと、快適さを保ったまま、かつエアコンの設定温度を下げることができます。

また、エアコンを使うと部屋の湿度が下がり乾燥しますが、乾燥すると、ウイルスの飛散量が増えて、風邪やインフルエンザにかかりやすくなります。

そのため、風邪対策としても加湿器はその力を発揮してくれるのです。

さらに、乾燥は美肌の大敵です。

肌の乾燥はシワの原因にもなるので、加湿器を使って適度な湿度を保つことが若々しい肌でいるためのポイントなのです。

そのため加湿器は、それ一台で節約・健康・美容といった様々な効果がある万能家電なのです。

一家に一台ではなく、一部屋に一台はあってもいいかもしれませんね。

私も、インフルエンザ対策として加湿器は毎日使っています。

    • 関連記事

>>【これからが本番!】インフルエンザにならないための予防策は?

他にも節約できるポイントはたくさん!

フィルターは定期的に掃除することで電気代が最大25%節約できる

フィルターがホコリやゴミなどで詰まっていると、暖房が効きづらくなり、より電力を使ってしまいます。

そのため2週間に一度はフィルターを掃除をすると、最大で25%もの電気代を節約することができます。

着ているモノを工夫して、設定温度を1度下げる!

暖房は、設定温度を1度下げると約10%の節電になると言われています。

案外、「さむ~い!!」と言っている人ほど、薄着だったりきちんとインナーを着ていなかったりするんですよね。

私自身、今まで「さむくてしぬ!」とか言っていたくせに、裸足+薄着という時もありました。

部屋の温度が何度かということよりも、結局は私たちがあったかければ室温は何度でもいいのです。

インナーは保温性のあるモノにする、毛糸のパンツやタイツを履いて身体を冷やさないようにするなどの工夫をして、設定温度を1度でも下げるようにしましょう。

私は、ダイソーで買った腹巻&パンツがひとつになった毛糸のパンツを履いていますが、これを履くだけでだいぶ暖かさが違うのでオススメです。

    • 関連記事

>>【女子向け】100円ショップマニアの私がオススメする!ダイソーのオススメ商品5選

<スポンサーリンク>

正しい使い方で、快適な冬ライフを!

こうやって勉強してみると、私はずっと風量を弱に設定していたり、つけたり消したりを繰り返したり、寒いと言いながら薄着だったり…と電気代をムダにするようなエアコンの使い方をしていたことがわかりました。

そんな使い方なら、5,000円も電気代が高くなるわけだ…って感じですよね。

ただ逆に、エアコン自体の電気代が高いワケではなく、正しい使い方をしたらそれほど電気代は高くならないということも分かりました。

もう少し早く気づけよ!!といった感じですが(笑)、これからは正しい使い方をした上で、節約をしながら暖かい快適な冬ライフを満喫したいと思います。

皆さんも、「寒くても我慢する!」といった辛くなる節約ではなく、きちんと工夫をして、快適な節約生活を送っていきましょう!