整理整頓・掃除

気になる生ゴミのニオイに!臭わないゴミ袋「BOS」の消臭効果がスゴイ!

生ゴミってかさばるし、臭いも強くて嫌ですよね…。

フタ付きゴミ箱に入れておくと、最初は臭わないんですが、次の日あたりからダイニングやキッチンがなんか生ゴミ臭い…。

食卓が生ゴミ臭で溢れてしまっては、せっかくの食事が台無しです。

私も生ゴミ問題には手を焼いていたんですが、今回いいものを発見したのでご紹介したいと思います。

<スポンサーリンク>

ペットのウ●チ袋BOSが生ごみ処理にぴったり!

わたしが生ごみ入れに使っているのが、このペットのウ●チ袋「BOS」です。

普通のビニール袋にペットのフンを入れてしまうと、いくらキツく縛っても匂ってしまうんですよね。

しかし、このビニール袋に入れるとビックリするくらいその匂いが消えるんです。

ちなみに、この袋が消臭してくれるのはペットのフンだけでなく、生ゴミなどの匂いも消してくれるので、生ゴミ処理にピッタリなんです。

脅威の防臭素材BOSで、一週間経ってもほぼニオイなし!

この袋は通常の袋と異なり、防臭素材BOSというモノが使われているため、生ごみや便を入れてもニオイが漏れにくいんだそう。

この袋を製造しているクリロン化成株式会社は、元々医療向けに便を収容する袋を開発していました。

その開発過程において培われた技術を活かし、「驚異の防臭素材BOS」が生まれたそうです。

BOSが臭わない理由は、人間の「嗅覚閾値(=人間が、ニオイとして感じることができる限界)に関係があるとされています。

通常、ニオイ成分の濃度が嗅覚閾値を越えたとき、人間ははじめて「クサイ!」と感じることができます。

逆に、全くの無臭じゃなかったとしても、嗅覚閾値を越えない限り人間は「無臭」と感じます。

BOSは、袋からニオイが漏れるスピードが非常に遅くなるように設計されており、また全くニオイを漏らさないワケではないものの、人間の嗅覚閾値を超える前にニオイを拡散してくれるため、ニオイを感じないんだそうです。

ちなみに、通常の「消臭袋」といわれている袋は、袋の中に消臭剤が入っています。

しかし入っている量は数百ミリグラムと、消臭スプレーひとふき分(1グラム)と比べてもだいぶ少ない量なんだとか。

そのため「思ったより消臭されない…」という結果になってしまうのです。

また、消臭袋に入っている消臭成分は、時間の経過とともにその効力を失ってしまうので、時間が経つとさらにニオイもれが激しくなってしまいます。

実際に大きさを確かめてみた。Sサイズでも十分使える!

袋は箱に入っており、箱のまま使います。

箱ティッシュのように一枚ずつ取り出せるようになっているため、とても使いやすいです。

ペット用Sサイズは20センチ×30センチ、iPhoneと並べるとこれくらいの大きさです。

どれくらいの容量が入るのか、試しにたまごを10コ入れてみました。

袋の半分くらいまで埋まりました。あと5コくらいは入りそうですね。

袋の見た目的にはそこまで大きくないんですが、意外と中身は入るので、料理一回分に出る生ごみはこの袋一枚で済むかと思います。

私は生ごみが出たら、この袋のなかにそのままポイポイ入れてしまっています。

ちょっと水気のある生ごみを入れても、液モレすることがないので本当に使いやすいです。

ちなみにスキマがないようにしっかり結ばないと、結び目からニオイがもれてしまうので、結べないほどパンパンに生ごみを入れないようにしてください。

ゴミ袋を結ぶときのように、キツメの二重結びにすると、スキマなくしっかりと封をすることができます。

また、ゴミ箱はフタつきのものにすると、さらにニオイがシャットアウトされるのでオススメです。

イヤなニオイはシャットアウトして、気持ちのいいリビングづくりを!

生ごみのニオイ対策には、今まで消臭スプレーや消臭パウダーなどいろいろ試してきたんですが、一番消臭効果があったのは、このBOS素材の袋でした。

家庭用の生ごみ処理機というのもありますが、置く場所も必要ですし、なかなか買えるモノではないですよね。

 

見た目はただのビニール袋ですが、消臭効果は他の消臭製品とは比べ物になりません。

生ごみのニオイにお悩みの方はぜひ使ってみてくださいね。