【レシピ】里芋嫌いな方必見!里芋が苦手な人でも食べられる里芋の揚げ出しを作ってみた

こんにちは、えりです(/・ω・)/!

皆さん、里芋は好きですか?

私は恥ずかしながら、里芋が大の苦手です💧

 

でも、親戚から毎年大量の里芋が送られてくるんです…。

 

「捨てるのももったいないし…この里芋たちどうしよう」

と悩んでいたところ、あの苦手な里芋を「美味しい!」と思えるレシピに出会うことができました✨

 

ということで今回は、私が里芋を克服できた料理、「里芋の揚げ出し」をご紹介したいと思います!

<スポンサーリンク>

苦手な方におすすめ♡里芋の揚げ出しの作り方

材料は、

  • 里芋…小、中サイズの場合5〜6個
  • めんつゆ…50cc
  • 水…150cc
  • 砂糖…小さじ1/2
  • 片栗粉&塩…適量(里芋の量に合わせて)
  • 片栗粉(とろみ用)…大さじ1

です。

まず、里芋の表面を洗い、鍋に里芋と里芋が浸かる位の水を入れ、中火で熱します。

水から茹でていくことがポイントです💡

 

里芋に火が通ったら、里芋をお皿などにうつして粗熱をとります。

里芋に竹串を刺し、スッと刺せたら火が通った合図です✨

 

この時、里芋を茹ですぎないことがポイントです。

というのも、里芋を茹で過ぎてしまうと、あのネチャッとした食感が出てきてしまうんです💧


「まだちょっと硬いかも?」

という位で、火を止めてみてくださいね。

 

里芋の粗熱が取れたら皮をむき、1口サイズに切ります。

片栗粉に塩を混ぜ、里芋にまぶしたら180度の油で揚げます。

表面がカリッとなるまで揚げていきます。

 

こんな感じで里芋が揚がりました✨

里芋が揚がったら、小さめの鍋に水とめんつゆ、砂糖を入れて沸騰させます。

沸騰してきたら、先ほど揚げた里芋を入れ、少し煮立ったら水溶き片栗粉を入れます。

 

この時も、あまりグツグツ煮込みすぎず、とろみが出たらすぐに火を止めるのがポイントです💡

 

お皿に盛りつけ、小ネギやごまをトッピングしたら完成~!!

 

食べてみると…

しっとりしていて、和風の味付けと相性ピッタリで美味しい…( ;∀;)

 

里芋独特のネチャッとした食感もなく、程よいしっとり感です。

里芋の煮物は苦手なんですが、揚げ出しならネチャッとしないから美味しく食べられる!

 

「苦手だけど…これならまぁ食べられないこともないよ」

というレベルではなく、自ら進んで食べたい!と思える位美味しいです

<スポンサーリンク>

里芋を油で揚げることで、ネチャーッとした食感を阻止できる◎

里芋が苦手な方は、あのネチャッ、にゅるっとした食感が嫌い…という方が多いと思います。

私もあの食感が苦手で、生まれてから一度も里芋を「美味しい」と思えたことがありません💧

 

でも今回、一度油で揚げたことにより、あの食感を出さずに調理をすることができました。

おそらく、皮を剥いた里芋をそのまま煮てしまうと、あの食感が出てきてしまいます💦

 

ちなみに、里芋の揚げ出しを食べられるようになり、

私、里芋克服できた!!

と思って里芋の煮っ転がしを作ってみたところ、あの食感がしてやっぱり食べられませんでした…( ;∀;)

 

なので、衣をつけて揚げるとあの食感が出ないから、里芋が苦手な私でも食べられたんだと思います。

 

ちなみに、揚げた里芋はそのまま食べても美味しいです。

外はカリカリ、中はしっとり。

もちろん、あのネチャッとした食感はありません✨

 

フライドポテトよりもみずみずしくて、”大人のポテトフライ”といった感じでしょうか?

塩や七味をかけて食べると、本当に美味しいんです( ;∀;)

 

お酒にも合うので、おつまみにもピッタリです

 

里芋が苦手な方は、

「本当に、あの食感がでないの?本当に美味しいと思った…?」

と信じられないかもしれませんが、里芋が大っ嫌いな私でも食べられたので、ぜひ試してみて下さいね。

参考になったら嬉しいです、最後まで読んでいただきありがとうございました✨

こんな記事も、読まれています◎

【レシピ】豆腐ハンバーグはダイエット中のおかずにピッタリ!ノンオイルでヘルシーに!

【レシピ】超簡単!「温玉アボカドユッケ」はおうち居酒屋や家飲みにピッタリ!

簡単アレンジ♡誰でもマネできる、余ったミートソースの活用レシピ5選