食費の節約

食費の節約がストレス…。「節約うつ」になる前に知っておきたい3つのこと

「外食はしないで、なるべく安いスーパーに行って…」

食費の節約って、なんだか修行をしているみたいですよね。

 

ついつい頑張りすぎて、色んなストレスを抱えていませんか?

 

「お金を使うことが、悪いことのように感じてしまう…」

「買い物するたびに、こんなに使ってしまった…と焦ってしまう」

 

そんな気持ちになる方は、「節約うつ」の予備軍です。

 

「節約うつ」になる前に、少しでも続けやすい節約方法を身につけましょう✨

そこで今回は、気楽に節約をして、節約うつを予防する方法をご紹介します(*´ω`*)

<スポンサーリンク>

食費の節約は、「節約うつ」の原因になるって本当?

「節約うつ」とは、節約の頑張りすぎが原因で、うつ気味になってしまうこと。

 

「サンキュ!」等の主婦向け雑誌を見ると、

「この収入で、毎月10万円も貯金してるの?!」

と、ビックリするようなスーパー主婦の方が沢山載っていますよね。

 

そういう情報を上手く利用し、自分のペースで頑張れる人ならいいですが、中には

「あの人はもっと頑張ってる…私も頑張って節約しなきゃ…」

と、自分を追い詰めてしまう方もいます。

 

ちなみに私も、「頑張らなきゃ…」自分を追い詰めてしまうタイプです(;´・ω・)

 

 

スーパーで必要なものを買っただけなのに、

「頑張らなきゃいけないのに、またこんなにお金を使ってしまった…」

と、自分を責めてしまったり…。

 

 

そんな日々を続けていると、

「なんで私は、こんなにダメ人間なんだろう…」

と、次第に毎日うつ気味になってしまいます。

 

こうやって自分を責めることで、「節約うつ」になってしまうのです。

 

真面目で頑張り屋の方ほど、「節約うつ」になりやすい傾向にあるので注意が必要です(;´・ω・)

「節約うつ」になる前に気を付けたい3つのこと

1、頑張らない

食費の節約でストレスを溜めないためには、”頑張らないこと”が何よりも大事。

 

「節約を頑張らないって…節約をするなってこと?」

と感じる方もいると思いますが、「節約を頑張らない」=「節約をしない」というわけではありません。

節約を頑張らなくても、節約をすることはできます。

 

というのも、”節約の習慣化”ができれば、

「私、死ぬほど節約頑張ってる…つらい…」

なんて思わなくても、自然と節約ができるようになるのです✨

 

 

”習慣化”というと、とても難しいことのように感じますが、実は意外と簡単。

 

 

例えば、朝昼晩と歯磨きをしている方は、

「1日3回の歯磨きなんてつらいよ…でも頑張らなきゃ…」

なんて思いながら毎日歯磨きをしていないですよね。

 

これは、”歯磨きの習慣化”ができて、歯磨きをするのが当たり前になっているから。

やるべきことを習慣化すれば、毎回「つらい…」なんて思うこともないのです。

 

 

「私はめんどくさがり屋だから、習慣化なんて無理…」

と思っている方も、”やること”が当たり前になっているから気付かないだけで、実は色んなことを習慣化できているんですよ(*´ω`*)

 

実際、あなたは

「歯を磨くだけでしょ?なにがつらいの?」

と思っているかもしれませんが、歯磨きが習慣化できていない方には、「1日3回の歯磨き」はまるで苦行のようなイベントなんです。

 

節約だって、習慣化さえすれば”毎日の歯磨き”と同じ位「当たり前のこと」になります。

当たり前と思えるようになれば、もう”節約”はこっちの味方です。

 

簡単なことから、少しずつ”節約の習慣化”を始めてみましょう(●´ω`●)

<スポンサーリンク>

2、市販品を上手に活用する

食費の節約をしていると、

「なんでも自分で作った方が安い!」

なんて思いますよね。

 

焼肉のタレを買うなら、自分で醤油や砂糖で作った方が安い…。

クックドゥを買うなら、自分で調味料を合わせた方が安い…。

 

 

たしかに、市販の合わせ調味料を買うより、自分で作った方が安く作ることができます。

でも、一度それを言い出すとキリがないんです。

 

パンだって自分で粉から焼いた方が安いし、餃子の皮も作った方が安いし…。

「作った方が安い」を貫こうとすると、いくら時間があっても足りません。

 

時間の余裕がないと、心の余裕もなくなります。

 

 

市販品が高い理由は、手間がかからないように工夫されているから。

時間がない時は、ドンドン市販品を活用しましょう。

 

 

麻婆豆腐の素があれば、10分で本格的な麻婆豆腐ができますよ✨

ちなみに私は、新宿中村屋の「辛さ、ほとばしる麻婆豆腐」をよく使っています(*´ω`*)

 

3、節約の目標額と、達成した時のご褒美を決めておく

節約のストレスを溜めないためには、目標やご褒美を決めることが大切です。

 

例えば、

「食費を2週間で2万円に抑えよう!」

という目標額を決めたら、同時に

「目標が達成出来たら、ご褒美にハーゲンダッツを買おう!」

という”達成したご褒美”も決めます。

 

 

目標は、なるべく1~2週間位の短期の目標にした方がいいです。

 

こうやって目標やご褒美を決めることで、”死ぬまで続く節約地獄”から、

「2週間の節約ゲーム」

になります。

 

 

「鶏もも肉じゃなくて鶏むね肉にすれば、目標達成できるぞ…」

なんて考えていると、パズルゲームのような楽しさがありますよ✨

 

 

「ご褒美をなくして、その浮いた分を貯金しよう…」

なんて考えは禁止。

 

ちょっとしたご褒美があるからこそ、毎日の節約も頑張れるんです(*´ω`*)

 

ちなみに私は、300円前後の”プチ贅沢スイーツ”をよくご褒美にしています💕

 

<スポンサーリンク>

食費の節約がストレスなら、収入を増やす方法もある

食費の節約がストレスなら、思い切って「転職」という方法も考えてみませんか?

 

「転職したって…どうせお給料なんて増えないし…」

と思いがちですが、これが意外と増えちゃうんです。

 

実際、私の身内(女性)40代で転職に成功し、ボーナス0円→30万円になりました。

 

 

転職エージェントに相談したことで、より条件のいい転職先を紹介してもらえたそうです✨

「マイナビエージェント」で転職エージェントに相談してみる

 

 

どうしても転職できない方は、「マクロミル」というアンケートサイトでお小遣いを稼ぐ方法もあります。

 

一度に何万円も稼げるわけではありませんが、アンケートに答えるだけで、簡単にお小遣いがゲットできます。

 

 

私は会場調査や座談会にも積極的に参加していたので、月2万円以上稼げることもありました(*´ω`*)

 

「お金を使っちゃダメ…節約しなきゃ…」

と自分を追い詰めるのではなく、「お金を増やす」という方法も考えてみませんか?

 

参考になったら嬉しいです、最後まで読んでいただきありがとうございました✨

「マクロミル」の公式サイトを見てみる

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018