お出かけスポット

台場一丁目商店街は、大人も子供も楽しめる昭和の街!入場料もタダ♡

お台場・デックス東京ビーチの4階に、「台場一丁目商店街」というスポットがあるのをご存知ですか?

 

台場一丁目商店街は、昭和の街並みが再現されている大人気スポットなんです💕

駄菓子屋やゲームセンターもあるので、お子さんでも十分楽しめるようになっています。

 

というわけで今回は、「台場一丁目商店街」のおすすめポイントをご紹介します(●´ω`●)

<スポンサーリンク>


大人も子供も楽しめる!懐かしい駄菓子がたくさん◎

昭和を思い出す、懐かしいアイテムといえば…駄菓子ですよね💕

 

台場一丁目商店街の中には、駄菓子屋さんが2店舗あります。

 

昔の駄菓子屋さんを再現した、良い感じに乱雑な店内。

箱ごと山積みされた駄菓子たちや、手書きの値札がまた懐かしい…💕

 

 

例え大人買いをしても、大した額にならないのが嬉しいですよね。

けん玉や万華鏡、ベーゴマなどの懐かしいおもちゃも売っていたのはビックリしました(;´・ω・)

 

また、オリエンタルのカレーなども売っています。

私は初めて見たのですが、私の両親が

「懐かしい!パッケージも昔のまま…!」

と感動して、まとめ買いしていました(●´ω`●)

昔を思い出す…商店街はいつも夕方♡

台場一丁目商店街の特徴は、いつも夕方のような薄暗い照明なこと。

内装や照明も、いい感じに”古臭い”んです。

「ALWAYS~三丁目の夕日~」という、昭和を舞台にした映画のように、昭和の街並みといえば、夕方なのかもしれないですね✨

 

また、トイレの前にはこんな掲示物も。

1964年~1977年までの、

  • その年になにが流行ったか
  • どんなことがあったか
  • 流行っていた曲や言葉

などが書いてあります。

 

私が訪れた時は、おそらく50歳前後のご夫婦が、

「そうだ!これ好きだったな~」

「これ、私が生まれた年!」

と、年表を見ながら盛り上がっているのが印象的でした✨

フロア全体が昭和!お金をかけなくても楽しめる♡

台場一丁目商店街のいいところは、お金をかけなくても十分に楽しめるいうところ。

 

お店に入らなくても、フロアの至るところに懐かしい仕掛けがたくさんあり、発見するのがとても楽しいんです💕

よくみると…これは「口裂け女」の指名手配!

 

小学生のころ、「学校の怪談」という本を読んで

「口裂け女に会ったらどうしよう…」

って不安がっていたなぁ…( ;∀;)(笑)

レトロ感を出すために、紙をあえてボロボロにしているところも、芸が細かいですよね✨

 

他にも、懐かしい看板がたくさん貼ってあります。

昔の個人商店っぽくて、懐かしいですよね~(*´ω`*)

 

また、看板だけではなく、家の中も再現されています。

黒電話に縁側、ちゃぶ台!!

どこをとっても懐かしいなぁ~✨

こういう昔ながらの家も、今ではほとんど見かけなくなってしまいましたよね…(;´・ω・)

<スポンサーリンク>

大人も子供も、家族みんなで「昭和」を楽しもう♡

私は平成生まれなんですが、台場一丁目商店街は大好きでよく行っています。

なので、「昭和」を知らないお子さんでも、十分に楽しむことができると思いますよ💕

 

 

ちなみに、池袋・サンシャインシティ内にある「ナンジャタウン」にもレトロスポットがあるので、レトロ好きの方におすすめです✨

 

 

もちろん、お台場には他にも楽しいスポットがたくさんあるので、色んなところを回ってみてくださいね。

参考になったら嬉しいです、最後まで読んでいただきありがとうございました

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018