お出かけスポット

【関東・静岡】富士サファリパークの混雑状況。マイカーは汚れる?お得なクーポン情報あり★

富士山の目の前にある動物園、「富士サファリパーク」

富士サファリパークでは、より野生に近い形で、様々な動物たちを見ることができます。

 

都内から2時間前後と、アクセスが若干不便…という点はあるものの、その迫力は段違い✨

動物好きな方には、ぜひ一度行ってほしい動物園です。

 

 

というわけで今回は、富士サファリパークの混雑状況やクーポン情報をお伝えします(*´ω`*)

<スポンサーリンク>


アクセスは、都内から2時間前後。バスで行くこともできる

富士サファリパークは、静岡県裾野市にある動物園。

都内から車で行くと、大体2時間前後かかる距離にあります。

 

山の奥にあることもあり、行く途中はこんな道も通ります。

車以外の方法で行きたい方は、バスで行く方法もあります。

 

例えば、新宿から富士サファリパークまで行く場合、

  • 新宿→御殿場…小田急高速バスで約90分(往復3,360円)
  • 御殿場駅→富士サファリパーク…富士急バスで約35分(往復1,370円)

です。

 

往復のバス代だけで一人4,730円するので、正直レンタカーで行った方が安いですね…(;´・ω・)

クーポンは、「富士サファリクラブ」か「デイリープラス」がおすすめ

富士サファリパークの入園料は、

  • 大人(高校生以上)…2,700円
  • 子ども(4歳~中学生)…1,500円
  • 3歳以下…無料
  • シニア(60歳以上)…2,000円

です。

スケールの大きい動物園なので、入園料もそれなりに高いですね…(;´・ω・)

 

 

なので、ぜひクーポンを使って行くことをおすすめします。

 

 

富士サファリパークをお得に行くなら、

  • 富士サファリクラブ
  • デイリープラス

のどちらかに入会しましょう💡

 

 

「富士サファリクラブ」は、年会費・入会費無料で入会できる、富士サファリパーク公式のクラブです。

富士サファリクラブに入会すると、約1~2週間後に会員カードが送られてきます。

 

その会員カードを窓口で提示するだけで、

  • 大人(高校生以上)…2,700円⇒2,100円
  • 子ども(4歳~中学生)…1,500円⇒1,100円
  • ナイトサファリ(夜の部)…1,700円⇒1,300円

の割引価格で行くことができます。

富士サファリクラブの内容を見てみる(公式サイト)

 

 

ただ、カードが手元に届くまで2週間程かかるので、行く日に間に合わない可能性も💧

 

 

その場合は、「デイリーPlus」というクーポンサイトに登録しましょう。

 

 

デイリーPlus会員の方は、

  • 大人(高校生以上)…2,700円⇒2,400円
  • 子ども(4歳~中学生)…1,500円⇒1,200円

になるクーポンを使うことができます。

 

登録後すぐにクーポンを発行できるので、現地についてから登録しても間に合います✨

デイリーPlus」は他にもお得なクーポンが沢山あるので、この機会に登録してみてもいいかもしれません(*´ω`*)

 

「デイリーPlus」の公式サイトを見てみる

 

マイカーが汚れる心配は少ない。不安な方はジャングルバスを利用しよう

自家用車で回る動物園となると、

「車体に傷つけられたらどうしよう…」

と不安になる方も多いと思いますが、基本的に車を傷つけられたり、汚されたりすることはありません。

 

 

動物が目の前を横切ることはあっても、こちらに向かって襲ってくる…ということはほとんどありません。

園内には、そういう事態に備え、「レンジャー」と呼ばれる監視員も配備されているので、あまり心配することはないです(*´ω`*)

 

 

でも、万が一車体を汚されたり傷つけられた場合の補償はないので、不安な方は「ジャングルバス」で回りましょう✨

 

 

ジャングルバスは、バスの側面が檻のようになっているので、より動物を近くに感じることができます。

 

ただ、バスを利用するためには、入園料とは別に一人1,300円の利用料がかかるので注意です(;´・ω・)(3歳以上)

夜中から並ぶ程の混雑具合。並びたくないなら、思い切って午後から行こう

富士サファリパークは、正直めちゃくちゃ混みます。

 

特に休日や連休となると、前日の夜中から並ぶ方が続出。

 

「朝の5時に着いたのに、もう100台以上の車が並んでる…」

ということも頻繁にあります💦

 

富士サファリパークは、

  • 閉園時間が早い(11月~3月は15時半まで。それ以外は16時半閉園)
  • 野生状態に近い動物が見られる

ということもあり、どうしても開園時間に合わせて行く方が多いんです。

 

 

「野生状態に近い動物が見られるから」というのは、動物の中には、夜行性の動物もいます。

朝一番で行くと、それら夜行性動物が、まだ活動している姿を見られる可能性があるんです。

 

 

昼間に行くと、ずっと寝ている動物も多いですからね…(;´・ω・)

 

なので、休日に行くならなるべく早めに向かいましょう💦

遅くとも、開園1時間前には着いていたいですね。

 

 

 

「子供も小さいし、あまり並びたくないな…」

という方は、思い切って午後から行くことをおすすめします。

 

のんびり寝ている動物が多いですが、並ばすに入園できることが多いです💡

私たちも13時過ぎに到着しましたが、全く並ばずに入園することができましたよ(*´ω`*)

いつもの服装に、+1枚持っていこう。山奥で肌寒いから防寒対策が必須

富士サファリパークは、標高850mの位置にある動物園。

山の中腹にあるため、平地よりも少し気温が下がります。

 

なので、いつもの服装よりも厚着で行くか、プラス1枚羽織る物を持っていくようにしましょう💡

「サファリゾーン」は車移動なので寒くないですが、「ふれあいゾーン」は車から降りて徒歩で見学します。

 

 

また、乗馬体験もできるので、女性は特にパンツスタイルで行くことをおすすめします✨

 

「サファリゾーン」と「ふれあいゾーン」、二つのエリアがある

「サファリゾーン」では、間近で動物を見ることができた!

「サファリゾーン」では、ライオンやキリンなどの動物たちを、間近で観察することができます。

 

普通の動物園とは、全然迫力が違う…!!

普通の動物園は、動物が檻の中に入れられていますが、サファリゾーンには檻がありません。

 

 

本当に放し飼いなので、動物たちが道路を横切ることもあります。

私が行ったときも、シマウマが目の前の通路を横断していました。

 

こんなに近くを横切ることも!

 

 

 

また頭上には、日向ぼっこをしているメスライオンたちが。

 

動物園というより、

「アニマルワールドに、間違えて迷い込んでしまった!」

といった感じが強いです(笑)

 

頭上にライオン、目の前にシマウマ…。

 

この迫力は、普通の動物園とは比べ物にならないですね( ;∀;)✨

「ふれあいゾーン」では珍しい動物にエサをあげることができた

また、通常の動物園のような、徒歩で回る「ふれあいゾーン」もあります。

 

 

レッサーパンダも、こんなに近くでみることができました。

 

 

また、珍しい動物へのエサやり体験もできます。

私たちが今回エサをあげたのは、アルマジロ。

大きなダンゴムシのような見た目ですが、顔はとっても可愛いんですよ💕

 

 

こんな風に、アルマジロを抱っこすることもできます。

アルマジロを抱っこできる動物園って、かなり珍しいんです。

動物大好きな主人が、とっても嬉しそうに抱っこしていました。

 

私はどうしても勇気が出なかった…次回は必ず( ;∀;)(笑)

 

 

他にも、ミーアキャットやポニーにもエサをあげることができます。

 

迫力満点の「サファリゾーン」も楽しいですが、可愛さ満点の「ふれあいゾーン」も癒されました(*´ω`*)

<スポンサーリンク>

富士サファリパークは、遠くても行く価値のある動物園!

富士サファリパークは、片道2時間かかったとしても、それでも行く価値のある動物園でした!

動物の種類や数、園内の広さを考えると、都内の動物園とは比べ物にならないですね…(;´・ω・)

 

より野生に近い状態の動物を見ることができるので、「教育」という面からみてもイチオシです💡

 

 

また、御殿場アウトレットにも近いので、富士サファリパークのついでに行ってみるのもいかがでしょうか?

レストランも充実しているので、「富士サファリパーク→御殿場アウトレットでごはん」というコースもおすすめです(*´ω`*)

御殿場周辺の人気レストランを見てみる(食べログ)

 

参考になったら嬉しいです、最後まで読んでいただきありがとうございました✨

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018